メイン画像

明日29日(木)~明後日3月1日(金)は雨や風が強まり、荒れた天気に。2日(土)は日本海側で大雪やふぶき、大荒れとなる所も。晴れる太平洋側も真冬の寒さに逆戻り。3日(日)には日差しが戻るものの、来週にかけて晴天は長続きしないでしょう。

29日(木)~3月6日(水)

画像A

明日29日(木)~明後日3月1日(金)にかけては、低気圧が急速に発達しながら本州南岸を東進します。
29日(木)は西から雨が降りだし、夜は関東甲信でも雨の所があるでしょう。沿岸部を中心に発達した雨雲がかかり、九州南部や四国では激しい雨や雷雨となる所がありそうです。明後日1日(金)は、西から天気が回復に向かいますが、関東甲信では朝の通勤通学時に広く雨で、雨脚の強まる所も。関東甲信の山沿いや東北では湿った雪が降るでしょう。北海道も次第に雪の範囲が広がりそうです。

2日(土)は冬型の気圧配置が強まり、「平地で雪の目安となる寒気」が本州をすっぽり覆います。日本海側は山陰も含めて広く雪が降り、大雪やふぶきとなる所も。大荒れとなる恐れもあります。晴れる太平洋側も気温の上がり方は鈍いでしょう。真冬並みの寒さとなり、強く冷たい北西風が体感温度をさらに下げそうです。

3日(日)は朝の冷え込みが強まるものの、日中は日差しの届く所が多く、寒さは和らぐでしょう。

晴天は長続きせず、5日(火)から6日(水)は再び広い範囲で雨や雪が降りそうです。

7日(木)~12日(火)

画像B

7日(木)から来週末にかけては晴れる所が多いでしょう。11日(月)は西から雨が降りだし、12日(火)は雨や雪の範囲が関東や東北にも広がりそうです。

この期間、最低気温、最高気温ともに平年並みか平年よりやや低い日が多いでしょう。3月になっても寒い日があり、まだまだ冬の装いが必要になりそうです。