メイン画像

明日26日にかけて、全国的に北風が強まるでしょう。明日26日夕方から27日は、東北の太平洋側を中心に発達した雪雲がかかる見込みです。

明日26日~27日 北風が強く 東北の太平洋側に発達した雪雲かかる

画像A

明日26日から27日にかけて、日本の東を低気圧が発達しながら北東へ進むでしょう。
低気圧の急発達で、日本付近は北風が強まる見込みです。北海道は広く雪が降るでしょう。東北から中国地方では、山沿いや山地を中心に雪が降り、大雪になる所がある見込みです。

東北の太平洋側では、沿岸でも、26日夕方から27日にかけて大雪に注意、警戒が必要です。
低気圧の北にあたる三陸沖では東風が強まります。北風と東風がぶつかる所で、雨雲や雪雲が発達し、岩手県を中心に東北の太平洋側にかかるでしょう。
岩手県を中心に東北の太平洋側では、雨や湿った雪が降る見込みです。雨で降り始めた所も次第に雪に変わり、雪は降り続くでしょう。

今日25日午後5時、本州で積雪しているのは山沿いが中心です。27日にかけて、岩手県を中心に東北の太平洋側では沿岸でも雪が積もり、積雪は一気に増えるでしょう。大雪による交通への影響に注意、警戒し、電線や樹木への着雪、なだれにご注意ください。

予想される24時間降雪量

画像B

25日午後6時から26日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北太平洋側 山沿い 40センチ
東北太平洋側 平地  30センチ
東北日本海側 山沿い 40センチ
東北日本海側 平地  30センチ

その後、26日午後6時から27日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北太平洋側 山沿い 20から40センチ
東北太平洋側 平地  20から40センチ
東北日本海側 山沿い 20から40センチ
東北日本海側 平地  10から20センチ
です。

気温が予想よりも低く経過した場合は、警報級の大雪になるおそれがあります。