メイン画像

三連休最終日の今日25日は、本州の南の海上を進む低気圧や前線の影響で、全国的に雨や雪となるでしょう。沿岸部では雨の所が多いですが、四国や中国地方の山沿い、関東甲信の内陸や山沿い、また東北を中心に雪が降り、明日26日にかけて、大雪になる所もありそうです。積雪や路面の凍結による交通機関への影響にご注意ください。

南の海上には低気圧や前線

画像A

今日25日は、低気圧が日本の南で発生し、前線を伴いながら発達するでしょう。明日26日にかけて日本の東へ進む見込みです。本州付近は上空1500メートル付近でマイナス3℃前後の冷たい空気に覆われるため、内陸を中心に雪になる所が多いでしょう。

内陸や山沿いは大雪になる所も

画像B

今日25日は、九州は朝まで、中国、四国は午前中を中心に雨が降るでしょう。四国などでも山沿いを中心に雪が降り、積もる所もありそうです。また、近畿は日中いっぱい広く雨、東海も一日を通して雨が降るでしょう。内陸を中心に雪のまじる所がありそうです。

関東甲信は昼頃から次第に天気が崩れるでしょう。甲信など内陸を中心に雪が降り、大雪となる所がありそうです。関東でも東京都の多摩地方の山沿いや山地など、内陸や山沿いでは雪になるでしょう。群馬県など関東北部の平地でも大雪になる所がありそうです。北陸も雨や雪が降るでしょう。東北は夕方から次第に雪や雨が降る見込みです。北海道は太平洋側を中心に大体晴れますが、日本海側は所々で雪が降りそうです。

連休最終日でお出かけされる方もいらっしゃると思いますが、お出かけ先の路面状況には十分な注意が必要です。積雪や路面の凍結による交通機関への影響にご注意ください。

画像C

明日26日は低気圧や前線が東の海上へ進むでしょう。九州から関東の太平洋側を中心に天気が回復する所が多いですが、山陰や北陸は雨や雪、東北は雪や雨、北海道は広い範囲で雪が降る見込みです。全国的に風が強まり、東北や北海道ではふぶく所もありそうです。

この先も低気圧の影響受けやすい

画像D

27日になると、九州から関東は広く晴れて、東北や北海道も雪や雨が収まる所が多いでしょう。

その後も、日本付近は本州の南岸を通る低気圧の影響を受けやすく、29日には再び雨の降る所が多くなりそうです。3月のスタートも雨の所が多いでしょう。この先は晴れる日は長くは続かず、短い周期で天気が変わる見込みです。今後の低気圧の動向にご注意ください。