メイン画像

今日25日の花粉の飛散は東京で「非常に多い」見込み。万全の対策が必要です。一方、朝から雨の降っている西日本を中心に「少ない」所がありますが、敏感な方は対策をしてお出かけください。福岡などは花粉飛散のピークに入っています。この先も花粉の飛散に注意が必要です。

今日25日の花粉の飛散は?

画像A

今日25日の花粉の飛散は、東京を中心に「非常に多い」見込みです。特に雨がまだ降っていない午前中を中心に花粉の飛散は多くなりそうです。また、福岡は「多い」、鹿児島と広島、金沢、新潟、仙台は「やや多い」でしょう。しっかりとした対策が必要になりそうです。

一方、雨の降る時間が長い、高知や大阪、名古屋は「少ない」見込みです。ただ、少ないからといってもわずかながら花粉は飛びますので、油断せずに敏感な方は対策をしてお出かけください。

この先の花粉の飛散は?

画像B

明日26日以降、西日本を中心に花粉の飛散には注意が必要です。明日26日は、福岡から名古屋は広い範囲で「多い」でしょう。27日と28日は福岡で「非常に多い」見込みです。万全の対策が必要です。

一方、東京は明日26日から28日は「やや多い」でしょう。29日は雨の降る所が多く、花粉の飛散は全国的に抑えられる所が多いでしょう。3月に入ると、西日本を中心に再び花粉の飛散は増えそうです。

花粉のピークはいつまで続く?

画像C

すでに九州や東海、関東の一部では、スギ花粉が非常に多く観測されている所があります。福岡や高松ではスギ花粉の飛散がピークに入っています。雨上がりの日などは花粉の飛散が非常に多くなる見込みです。広島・大阪・名古屋・金沢・東京・仙台は3月上旬にピークを迎えるでしょう。ピークの期間はおよそ10日から1か月近く続く見込みです。特に、晴れて暖かい日や風が強い日は、花粉の飛散量が増えるので、万全な花粉対策を心がけて下さい。

また、スギ花粉が終わると、次はヒノキ花粉のシーズンです。ヒノキ花粉のピークは、3月下旬から4月上旬の所が多いでしょう。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。

花粉が飛びやすい条件

画像D

花粉が飛びやすい条件には、大きく3つあります。

① 「晴れて気温が高い日」
スギの雄花は気温が上がると花が開きやすくなります。さらに、晴れて気温が高い日は、上昇気流が発生しやすく、花粉が舞い上がりやすくなります。

② 「空気が乾燥して風が強い日」
湿度が高いと、花粉が湿気を吸って重くなるため、遠くまで飛びにくくなります。一方、空気が乾燥して風が強い日は、都市部から離れた森林からも花粉が飛んできやすくなるため、いっそう注意が必要です。

③ 「雨の翌日以降や気温の高い日が2~3日続いた後」
雨の翌日以降は、雨の日に飛散しなかった分と、その日に飛散する分が重なって、より多くの花粉が飛びやすくなります。さらに、雨で地面に落ちた花粉が舞い上がることもあり、いっそう飛散量が多くなるといわれます。また、気温の高い日が2~3日続いた後も花粉がより多く飛びやすくなります。

花粉症の方は、毎日の天気予報をチェックして、花粉に備えてください。