真木よう子(写真:アフロ)

 2月18日に放送されたバラエティー番組「だれかtoなかい」(フジテレビ系)での発言やエアガン疑惑が物議を醸し、渦中の人になっている女優の真木よう子(41)。

【写真】スタイル抜群! ノースリーブドレス姿の真木よう子はこちら

 同番組で真木は、憧れの人だという俳優の新田真剣佑と対面したが、顔を合わせる前に新田の魅力について、「何だろう、エロいんですよ」「41歳にして初めてはらませられると思った」と、セクハラとも捉えられそうな際どい発言を連発。SNS上では「男女逆ならただのセクハラ」など、厳しい意見が相次いだ。さらに同番組放送中に真木が行ったインスタライブでの“奇行”も話題に。番組での発言がXで話題になったことをリアルタイムで知ると、「(番組を)見るなよ!」と泣きだすように絶叫して取り乱し、ぬいぐるみを叩きつける場面も。そんな真木の姿に“ドン引き”する視聴者の投稿が相次いだ。

 そして、同番組に関しては、さらなる重大疑惑も発覚。番組告知を見たお笑いコンビの「プラス・マイナス」(解散を表明)の岩橋良昌がX上で、「あ、俺をエアガンで撃った人だ」とコメントし、そのうちの1人が真木であったと暴露したのだ。これに対し真木はTikTokライブで「エアガン、やってねぇーってんだよ」と全否定。真相はともかく、ライブでの物言いや態度には不快感を示す視聴者も少なくなかった。

 真木といえば、これまで演技力が高く評価されてきた実力派女優だ。中学卒業後、仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾した後にデビューを果たした。その後は数々の作品で存在感を発揮してきたが、ここ最近は、立て続けに物議を醸す発言を繰り返している。

著者プロフィールを見る
丸山ひろし

丸山ひろし

埼玉県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し雑誌編集業務に従事。その後ライターに転身し、現在はウェブニュースや、エンタメ関連の記事を中心に執筆している。

丸山ひろしの記事一覧はこちら
次のページ
「あいつボコってこい!」