メイン画像

本州付近は高気圧に覆われてきます。朝晩は雨や雪の所もありますが、日中は太平洋側ほど多くの所で晴れそうです。寒さは少し和らぐでしょう。

24日(土) 各地の天気

画像A

昨日23日(金)に広く雨や雪を降らせた低気圧は東へ。本州付近は高気圧に覆われてきます。
高気圧の縁にあたる沖縄と、寒気の影響を受けやすい北日本の日本海側は雲が主役ですが、そのほかのエリアは、太平洋側を中心に晴れるでしょう。
【各地の天気】
●沖縄:雲が多く、午前、午後ともに、にわか雨の可能性があります。
●九州:朝のうちは所々で雨。日中は雨がほとんどやんで、雲を通して薄日が差すでしょう。夜遅くには西から気圧の谷が近づき、次第に雨となりそうです。
●中国・四国・近畿:朝のうちは日本海側ほど厚い雲に覆われ、一部で弱い雨。昼頃からは晴れ間が広がってきます。
●東海・関東甲信:大体晴れるでしょう。
●北陸:日中は広く晴れそうです。雲が多めの新潟県も、ときおり薄日が差すでしょう。
●東北:日本海側は昼前まで所々で雪。昼過ぎには雪がやむでしょう。太平洋側はおおむね晴れそうです。
北海道:日本海側は雪が降ったりやんだり。降り方は落ち着いてきそうです。太平洋側とオホーツク海側は晴れるでしょう。

本州の太平洋側を中心に 気温上昇

画像B

最高気温は、雲が多めの沖縄や九州は、昨日23日(金)と同じかやや低い予想です。
一方、中国と四国、近畿、東海、関東にかけては、太平洋側を中心に昨日より高くなり、広く10℃を超えるでしょう。寒さは、いくぶん和らぎそうです。
北陸3県は8℃前後、新潟県と東北は5℃前後、北海道は0℃に届かない所がほとんど。この時期としては低いものの、昨日と比べるとやや高い所が多いでしょう。

なお、連休最終日の25日(日)は、低気圧が西から近づくため、ほぼ全国で冷たい雨や雪となるでしょう。次の週末にかけて、天気が数日の周期で変わり、気温が上がったり下がったりとなりそうです。この先も、日ごとの寒暖の差が大きく、体調管理に十分な注意が必要です。