メイン画像

明日24日は全国的に日差しが戻り、お出かけ日和になりそうです。25日から26日は冷たい雨や雪の降る所が多く、関東北部や東北の山沿いでは雪の降り方が強まる所もあるでしょう。この先も数日の周期で冷たい雨や雪が降り、週明けも寒暖差に注意が必要です。

明日24日 日差しが戻る お出かけ日和

画像A

明日24日は高気圧に緩やかに覆われて、日差しの出る所が多いでしょう。北陸は曇りマークになっていますが、日が差す見込みです。
ただ、西から気圧の谷が近づくため、九州では夜になると雨や雪の降る所があるでしょう。お帰りが遅くなる方は雨具があると安心です。
北海道は寒気の影響で、雪が降りやすいでしょう。今日23日(天皇誕生日)これまでで、大雪になっている所がありますので、交通への影響にご注意ください。

最高気温は日差しの届く九州から関東では10℃を超えて、厳しい寒さは幾分和らぐでしょう。ただ、日陰などでは空気がヒンヤリしますので、マフラーなどがあると良さそうです。

3連休最終日25日~26日 冷たい雨や雪

画像B

3連休最終日は本州付近を気圧の谷が通過し、上空には再び寒気が流れ込むでしょう。

近畿から東北を中心に冷たい雨や雪が降りそうです。雪は関東北部や東北が中心で、26日明け方から朝は山沿いでは雪の降り方が強まることもあるでしょう。雪の降る量が多くなるおそれもあります。26日の通勤、通学に雪のピークが重なることも考えられますので、最新の気象情報にご注意ください。

関東南部の平地では雨の降る所が多いですが、雨の降る時間が長く、降水量も多くなるでしょう。

2月29日~3月1日 南岸低気圧の影響

画像C

2月最終日の29日から3月スタートの1日は、再び本州の南岸を低気圧が進む見込みです。

29日は九州から東海で雨が降り、3月1日は雨の範囲が関東や北陸にも広がるでしょう。今日23日よりも本州に近い所を通る予想で、太平洋側を中心に雨、風ともに強まりそうです。寒気が流れ込むため、東北では太平洋側でも、再び雪が降るでしょう。

この先も寒暖差に注意

画像D

日差しの届く日は最高気温が10℃を超えて、15℃近くまで上がる所もありそうです。ただ、雨の降る日は10℃まで届かない所が多く、真冬のような寒さになるでしょう。

この先も寒暖差に注意が必要です。日々の気温をこまめにチェックしながら、服装でうまく調節してください。上の図はあくまでも目安です。季節や風速などによっても指標が多少変化し、人によっては暑さや寒さの感じ方も異なります。