メイン画像

この先も南岸低気圧がたびたび通過。2~3日ごとに冷たい雨や雪が降りそう。真冬の寒さの日もあり、体調管理にご注意を。3月上旬は関東など、続々とスギ花粉の飛散がピークに。

24日(土)~3月1日(金) 短い周期で天気変化

画像A

明日24日(土)は、広い範囲で晴れて、3連休の中では一番のお出かけ日和になりそうです。ただ、2~3日おきに本州の南岸を低気圧が通過するため、短い周期で天気が変わるでしょう。

25日(日)は近畿や東海を中心に雨が降り、標高の高い所では雪になりそうです。26日(月)は、低気圧が東に進むにつれて、雨や雪のエリアも関東や東北に移るでしょう。関東では、平地で降るものは雨が主体ですが、低気圧が発達するため、降る時間が長く、降水量も多くなりそうです。

その後、29日(木)から3月1日(金)にかけても、再び本州の南岸を低気圧が進むでしょう。26日(月)頃よりも本州に近い所を通る予想で、太平洋側を中心に雨や風が強まりそうです。低気圧が東へ離れたあとは、冬型の気圧配置に変わり、寒気が流れ込むでしょう。日本海側では広く雪が降り、ふぶく所もありそうです。

最低気温、最高気温ともに、全国的に平年並みか低い日が多いでしょう。25日(日)は西日本や東日本でも、最高気温が10℃に届かない所が多くなりそうです。26日(月)は東京都心で7℃と、真冬のような寒さでしょう。

3月2日(土)~7日(木) まだ冬の寒さも 寒暖差大きい

画像B

3月2日(土)も冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に雪や雨が降るでしょう。北よりの冷たい風も吹きつけて、日差しが届く所でも寒さが続きそうです。

3日(日)になると西日本や東日本は高気圧に覆われて、晴れる所が多くなるでしょう。ただ、天気の変化は早く、4日(月)は九州で雨が降りだしそうです。5日(火)は東北まで雨の範囲が広がるでしょう。

この期間も、気温は平年並みの日が多い予想です。九州から関東では、最高気温が10℃以上の日が多く、北海道も日中はプラスの気温の日が増えてくるでしょう。ただ、晴れる日は朝晩と日中との気温差が大きくなるため、服装でうまく調節してください。

スギ花粉の飛散 ピークへ

画像C

3月に入ると、九州や四国だけでなく、中国地方から東北もスギ花粉の飛散がピークとなるでしょう。ピークの期間はおよそ10日から1か月近く続く見込みです。とくに、晴れて暖かい日や風が強い日は、花粉の飛散量が増えるので、万全な花粉対策を心がけてください。

また、ヒノキ花粉のピークは、3月下旬から4月上旬の所が多いでしょう。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。