メイン画像

今日23日(金)天皇誕生日は、九州から関東では冷たい雨や雪、東北や北海道は朝晩を中心に雪が降りそう。午後は日の差す所もありますが、厳しい寒さ。路面の凍結などにご注意を。

冷たい雨や雪 関東は平野部も雪がまじる

画像A

今日から3連休。連休初日の23日(金)天皇誕生日は、前線や寒気の影響で、雨や雪の降る所が多いでしょう。

九州から東海は雨が降りますが、昼頃にはやむ所が多い見込みです。天気の回復はゆっくりですが、日中は日の差す所もあるでしょう。

関東は、南部を中心に雨や雪が降りそうです。山沿いは広く雪で、平野部でも雪のまじる所もあるでしょう。甲信も昼過ぎまでは雪や雨が降りそうです。天気が回復するのは、夕方以降になるでしょう。午前5時現在の積雪の深さは、水戸市で2センチと、平地でもうっすらと雪が積もっている所があります。車で外出する方は、必ず冬の装備をしてください。

北陸や東北は、朝までは所々で雪が降るでしょう。新潟県は昼頃まで、東北の日本海側は夜から再び雪雲が流れ込みそうです。一方、東北の太平洋側は天気が回復に向かい、晴れ間の出る所があるでしょう。

北海道では、日本海側を中心に朝晩は雪が降りそうです。特に午前9時頃までは、札幌など石狩地方で発達した雪雲が流れ込むでしょう。予想降雪量は、明日24日(土)午前6時までの24時間に、多い所で石狩北部・中部と後志北部で50センチ、石狩南部で40センチとなっています。交通への影響に警戒してください。

真冬のような寒さが続く

画像B

最高気温は、昨日22日(木)と同じくらいか低く、厳しい寒さが続くでしょう。

沖縄は20℃以上の予想ですが、雲に覆われて、気温の上がり方は鈍くなりそうです。九州から東海は、10℃前後の所が多いでしょう。北よりの風が吹きつけて、気温よりも寒く感じられそうです。

関東は、朝から気温がほとんど上がらないでしょう。東京都心は4℃の予想で、震えるような寒さに。手袋やマフラーなど万全の寒さ対策が必要です。

北陸や東北も5℃くらいの所が多いでしょう。仙台は、昨日より3℃ほど高いですが、真冬並みの寒さが続きそうです。北海道は、日中でもマイナスの気温。最高気温が0℃未満の真冬日になる所が多いでしょう。

服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。人により暑さや寒さの感じ方が異なりますが、服装選びの参考にしてください。

路面の凍結 特に注意すべき所は

画像C

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。

(1)橋や歩道橋の上は地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいのでかなり危険です。

(2)トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では、路面の凍結により急にハンドルを取られないよう、十分スピードを落として運転しましょう。

(3)交差点やカーブも、近づく前に十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったままブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってからアクセルを踏みましょう。

(4)日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。