メイン画像

明日23日からの3連休は、本州の南の海上に前線が停滞し、2度のタイミングで「気圧の谷」や「南岸低気圧」が東進。各地で冷たい雨や雪が降り、関東南部の平地も雪の可能性があります。寒気が南下するため、各地で厳しい寒さになるでしょう。晴れる24日も風冷たく、防寒が必要。

3連休初日も厳しい寒さ 冷たい雨や雪

画像A

今日22日は本州の南岸にのびる前線や低気圧の影響で、午前中は太平洋側を中心にまとまった雨が降りました。また、気温も低く、関東から北では真冬の寒さとなりました。

明日23日(天皇誕生日)からの3連休も、前線や低気圧の影響を受けて、全国的に曇りや雨または雪のすっきりとしない天気となる見込みです。
まず明日23日は、九州から近畿、東海は朝にかけて所々で雨が降るでしょう。午後は次第に天気は回復して、日が差す見込みです。
関東も午前を中心に冷たい雨が降り、内陸部や山沿いを中心に雪が予想されています。北陸や東北、北海道の日本海側は朝晩を中心に所々で雪が降りそうです。

全国的に日中は平年を下回る寒さです。特に関東から北で気温が上がらず、東京や仙台は5℃の予想で凍える寒さが続くでしょう。真冬の防寒が欠かせない一日となりそうです。

明日23日 未明~昼前 関東は平地でうっすら積雪する所も

画像B

関東はこの3連休は2度のタイミングで雪の降る可能性があります。

まず、明日23日の関東は、午前を中心に雨や雪の降る所があるでしょう。関東南部の平地では「雨」が主体となる見込みですが、夜明け前の気温の低い時間帯は、多摩や秩父など、内陸部を中心に一時的に雪となり、場所によってはうっすらと積もる所がありそうです。箱根や丹沢など南部でも標高の高い地域は「雪」で、数センチ程度、雪の積もる可能性があります。
関東北部は山沿いだけでなく、平地もうっすらと積雪する所がある見込みです。

車を運転する際は、朝にかけて濡れた路面の凍結や積雪による交通の影響に十分ご注意ください。
尚、予想よりも気温が下がってきた際など、雪の量が変わることもありますので、直前まで最新の情報をご確認ください。

24日は広く晴れ 25日は再び冷たい雨や雪か

画像C

明日23日午後から天気は回復に向かうでしょう。
明後日24日は、3連休の中でも最も晴れるエリアが広くなりそうです。ただ、朝は北日本を中心に冷え込みが強まるでしょう。北海道の内陸部では氷点下20度以下になる所も出てきそうです。

日中は気温が10℃を超える所でも、風が冷たく感じられそうです。3連休の中では、お出かけにはまずまずの天気となりますが、寒さ対策をしっかりとした方が安心です。

3連休最終日の25日は南岸低気圧の影響で、再び西から天気が崩れるでしょう。九州から近畿、東海も本降りの雨となりそうです。気温は大阪や名古屋でも7℃くらいにとどまり、かなり冷たい雨になりますので、暖かいコートや手袋などで防寒対策をしてください。

関東は再び冷たい雨や雪が降りそうです。今のところ、雪が降るのは山沿いが中心ですが、予想よりも寒気が強まる場合などは、平地でも雪の可能性が出てきます。こちらも最新の情報をご確認の上、時間に余裕を持って行動をなさってください。

東北は湿った雪が降り、太平洋側で大雪となる恐れがあります。交通にも影響が出る可能性がありますので、十分ご注意ください。北海道は日が差して寒さが和らぎそうです。