メイン画像

明日20日から22日頃まで雨の降る所が多く、降水量が多くなる所も。融雪による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水にも注意。季節外れの暖かさは明日20日までで、明後日21日には一気に気温が急降下。日々の寒暖差が非常に大きくなりそう。

20日~26日の天気

明日20日からしばらく全国的に天気がぐずつきそうです。また、日々の気温の変化が非常に大きくなるでしょう。

明日20日は、寒冷前線が北日本を南下し、停滞前線が東日本から西日本付近にのびる見込みです。北海道では雨や雪、東北から九州は広く雨となりそうです。

明後日21日は、停滞前線が本州の南に延びるでしょう。北日本は西高東低の気圧配置になりそうです。22日にかけて、北海道と東北は曇りや雪で、北陸と関東から九州は雨が降る見込みです。まとまった雨となり、降水量が多くなる所がありそうです。積雪の多い所では、融雪による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に注意が必要です。

明日はまだ暖かい空気が残り、東京は20℃を超えるほどの暖かさになるため、雨の所が多いですが、21日には気温が急降下。一気に冬の寒さに戻るでしょう。23日は東京の最高気温は5℃と、真冬の寒さになりそうです。東京でも雪がまじるかもしれません。24日になるとようやく日差しが戻り、日差しにホッとできそうです。

東北と関東から九州は広く晴れる見込みです。ただ、晴れの日は長くは続かないでしょう。25日には再び本州の南の海上に低気圧が発生し、26日にかけて再び冷たい雨や雪となりそうです。

27日~3月3日の天気

画像B

27日は北海道や東北で雪が降るでしょう。北陸では28日から29日は雪が降る見込みです。3月に入っても東北、北陸を中心に雨や雪の日が続くでしょう。関東から九州は1日と2日は雨が降りますが、3日ひな祭りは広く晴れそうです。

最高気温は、北海道は朝晩は氷点下の冷え込みとなりますが、日中はプラスの気温が続くでしょう。関東から九州は10℃を超えますが、極端に暖かい日はなさそうです。日差しのぬくもりを感じられる日は多いでしょう。