ハウザー、最新AL『クラシックII』から「キス・ザ・レイン」のカバー公開

 チェロ1本で聴くものを魅了するエンターテイナーのハウザーが、2024年4月24日からスタートするソロ単独初来日公演を目前に、最新アルバム『クラシックII』を4月19日世界同時発売することが発表された。ソロ名義のハウザーとして4作目となる今作より、韓国の作曲家/ピアニスト=イルマの「キス・ザ・レイン」をカバーした新曲が公開された。

 最新作『クラシックII』は、2020年2月に発売されたハウザーのソロ・デビュー作『クラシック』に続くプロジェクト。バッハやショパン、マーラー等、自身のルーツに戻った究極のクラシック作品中心に、ジャンルを超えた美しいメロディをロンドン交響楽団と演奏した2023年4月の最新録音が収められている。日本盤のみボーナス・トラックとして、巨匠エンニオ・モリコーネの息子アンドレ・モリコーネが書き下ろした「テーマ・フォー・エンニオ」が収録される。この曲はこれまで配信限定シングルだったが、この度の日本盤発売で待望の世界初CD化が実現した。

 ハウザーは、「チェロという楽器は美しく、歌うような曲を演奏するのに本当にぴったりなんだ。そしてオリジナル曲よりもっといいものになる可能性があると思う。ニュー・アルバムで演奏しているのは声楽、ピアノ、オーボエなどのソロ楽器のためのものからオーケストラ作品、そして時代もバロックから現代に書かれたものまでと幅広い。これらの美しいメロディを新たにチェロで歌わせることが、自分にとってのゴールだった」と語っている。

 さらには、「この<クラシック>企画は自分にとってこの上ない大きな喜びであり、まさに“夢”のアルバムなんだ。自分のルーツであり、一番大好きなクラシック・レパートリーを演奏するからね。素晴らしいオーケストラと一緒にいい音響のスタジオで、状態のよい楽器で演奏する、というのが小さかった頃の自分の夢だったんだ。演奏するメロディは、子供の頃夢中になった、自分の中の最も古い記憶の一部でもあるんだ」とコメントしている。

 ハウザーは2024年4月24日~27日まで、初の単独公演を大阪と東京で行う。2022年11月、2CELLOSとして最後の来日公演を大阪と東京で行って以来の来日となる。


◎リリース情報
アルバム『クラシックII』
2024/4/19 RELEASE
SICC-30850~1 3500円(tax incl.)

◎公演情報
【HAUSER REBEL WITH A CELLO JAPAN TOUR 2024】
2024年4月24日(水)大阪・大阪国際会議場(グランキューブ大阪)メインホール
2024年4月25日(木)東京・東京国際フォーラム ホールA
2024年4月27日(土)東京・NHKホール