メイン画像

明日16日は春本番の暖かさが一転して、冬の寒さに戻るでしょう。その後は再び暖かくなりますが、19日頃から全国的に天気が崩れる見込みです。23日以降は寒の戻りとなるでしょう。

16日~22日の天気

明日16日は前線が本州の南の海上まで南下するでしょう。一時的に本州付近には強い寒気が流れ込む見込みです。北海道と東北の日本海側や北陸を中心に雪や雨が降るでしょう。その他の地域でも雲が広がりやすく、雨の降る所がありそうです。

明後日17日は、日本付近は広く高気圧に覆われる見込みです。全国的に広く晴れそうです。18日には高気圧の中心が東へ移動し、日本付近には湿った空気が流れ込みやすいでしょう。北海道から関東は晴れますが、九州から東海で雨が降りそうです。

19⽇には、日本海に前線が発生し、21日頃にかけて停滞するでしょう。南の高気圧の縁をまわって、北日本にかけて暖かく湿った空気が流れ込むため、22日頃にかけて全国的にすっきりしないでしょう。東北から九州にかけて雨が降り続く見込みです。雨や風が強まり、局地的に大雨のおそれがあります。今後の情報にご注意ください。

最高気温は今日15日の春本番の暖かさが一転して、明日16日は体感がガラッと変わる所が多いでしょう。冬の寒さに戻りそうです。その後は再び季節外れの暖かさになるでしょう。

23日~28日の天気

画像B

23日(天皇誕生日)は北海道や東北、北陸は雪、関東から九州は冷たい雨が降るでしょう。24日は関東や東海、近畿でも雪が降る可能性があります。東北から九州は27日頃にかけて、雨や雪が降りそうです。28日は関東から九州を中心に晴れるでしょう。

春本番の暖かさから一転して、23日からの1週間は寒の戻りとなりそうです。札幌は最高気温が0℃未満の真冬日が続くでしょう。東京でも最高気温が10℃に届かない日もあり、寒の戻りとなりそうです。この先、暖かい日があっても急に寒くなったりと寒暖差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。