アッシャー、ハーフタイム・ショー直後に長年のパートナーと結婚

 アッシャーが、【第58回 NFLスーパーボウル】でのパフォーマンスのわずか数時間後に、長年のパートナーであるジェニファー・ゴイコエチェアと米ラスベガスで結婚していたことがわかった。

 このニュースを最初に伝えた米ピープル誌によると、2人はベガス・ウェディングズのテラス・ガゼボという30人収容の屋外式場で結婚式を挙げ、アッシャーの母親で長年マネージャーだったジョネッタ・パットンが2人の立会人を務めたそうだ。

 「アッシャーとジェニファー・ゴイコエチェアは、交際の次のステップとして、親しい友人や家族に囲まれながら日曜日の夜にラスベガスで結婚式を挙げたことをお伝えします」とアッシャーの広報担当者は米ビルボードに明かし、「2人は、愛に包まれながら子供たちを一緒に育てていくことを楽しみにしており、皆さんからのお祝いの言葉に感謝しています」と説明した。

 【グラミー賞】受賞経験を持つアッシャーにとっては忙しい日曜日となった。この日、45歳の彼はアリシア・キーズ、ウィル・アイ・アム、ジャーメイン・デュプリ、H.E.R.、リュダクリス、リル・ジョンらのスペシャル・ゲストを迎え、アレジアント・スタジアムにてキャリアを網羅した15分に及ぶパフォーマンスを行い、「Caught Up」、「Burn」、「U Got It Bad」、「Confessions Part II」、「Love In This Club」などのヒット曲を熱唱した。

 アッシャーとラスベガスの関係は長く、幸せに満ちたものだ。彼のハーフタイム・ショーは、9,590万ドル(約144億)の興行収入を上げ、ラスベガス史上最も成功し話題となったレジデンシーの一つである【マイ・ウェイ】が幕を閉じた数か月に行われた。

 米ビルボードのカバー・ストーリーの中で、アッシャーは米ラスベガスでのレジデンシーのおかげで、ハーフタイム・ショーに向けて準備することができたと語り、「すべてのパフォーマーを見て、彼らがこの12分間をどのように最大限に活かしたかを分析した。でも自分の瞬間は自分の瞬間なんだ。これは俺がこの30年をかけて準備してきた瞬間だ」と述べていた。

 アッシャーと音楽業界人であるゴイコエチェアは、2019年から交際している。2人の間には、娘のソヴリン・ボー・レイモンドと息子のサイア・カストレロ・レイモンドという2人の子供がいる。アッシャーには元妻タメカ・フォスターとの間にアッシャーVとナヴィド・イーリーの2人の息子がいる。