メイン画像

全国的に天気は下り坂です。明日10日(水)は、日本海側だけではなく太平洋側も冷たい雨。関東も夕方から雨で箱根など雪の所も。西日本や北陸を中心に大気の状態が不安定。落雷や竜巻などの突風、降雹に注意が必要です。

10日(水) 大気の状態が不安定

画像A

明日10日(水)は、2つの低気圧が日本海と本州の南を進む予想です。これらの低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む一方、上空には強い寒気が流れ込むため、西日本や北陸を中心に大気の状態が不安定となる見込みです。

今日9日(火)は、気圧の谷や寒気の影響で北日本や北陸で雪や雨となりました。明日10日(水)は、日本海側だけでなく、関東以西の太平洋側でも冷たい雨で、山沿いなどで雪のまじる所がありそうです。

10日 広く雨や雪 落雷・竜巻などの突風・降雹に注意

九州や中国、四国は雨が降ったりやんだりで、山沿いなどで雪がまじりそうです。大気の状態が非常に不安定となるため、落雷や竜巻などの突風、降雹に注意が必要です。近畿は昼前後に雨、東海は昼前から所々で雨となりそうです。

北陸地方は、日中いっぱい雨が降りやすく、山沿いでは雪のまじる所があるでしょう。一時的に雷を伴い、雨脚の強まる所がありそうです。

東北や北海道では日本海側を中心に雪で、ふぶく所があるでしょう。

関東 夜は冷たい雨 山沿いは雪の所も 都心は初雪になる?

画像C

関東はゆっくり天気が下り坂で、夜は雨の降る所があるでしょう。箱根など西部の山沿いや群馬など北部の山沿いでは雪のちらつく所がありそうです。東京都心は雨雲がかかるかどうかで、降っても一時的とみています。ただ、気温が下がる夜のため、雨が降る場合は雪がまじり、初雪(※)となるかもしれません。

※「初雪」は寒候期がきて初めて降る「雪」または「みぞれ」のこと。

10日 被災地でも寒さ厳しく

画像D

最高気温は今日9日(火)より低い所が多く、札幌はマイナス5℃と朝からほぼ横ばいで、日中も厳しい寒さとなりそうです。関東~九州は10℃前後の所が多いですが、日差しが少ない分、寒く感じられそうです。

関東は午前を中心に晴れて、東京都心は13℃まで上がる見込みです。ただ、午後は次第に雲が増え、北風がやや強まるため、グッと寒く感じられそうです。

北陸は今日9日より3℃前後低く、珠洲3℃、輪島と七尾4℃、金沢と志賀5℃の予想です。冷たい北風が吹くため、気温の数字以上に寒く感じられそうです。

避難先などでは、暖房器具など十分に用意できない所が多いと思いますが、「重ね着をする」、「衣服の中に新聞紙を挟む」、「床にダンボールを敷く」と断熱効果が少し高まります。低体温症に注意してください。また車中泊避難などで同じ姿勢を続けると、エコノミークラス症候群になる危険が高まることがあります。「定期的に軽い運動をする」「のどが渇く前に少しずつ水分補給をする」等を心掛けて下さい。