メイン画像
この記事の写真をすべて見る

強い寒気の影響で、北陸では8日(月:成人の日)の午前中にかけて広く雪が降り、山沿いを中心に大雪となるでしょう。平地でも積雪となり、大雪となる恐れがあります。車の立ち往生に注意が必要です。厳しい寒さで、低体温症にも注意を。

冬型の気圧配置 強い寒気が流入

画像A

今日7日(日)から8日(月:成人の日)は冬型の気圧配置で、強い寒気が流れ込むでしょう。

寒気のピークは、7日(日)夜から8日(月:成人の日)朝にかけてで、北陸の上空約5300メートルにマイナス35℃以下の強い寒気が流れ込む予想です。

また、上空約1500メートルには地上に雪を降らせる目安のマイナス6℃以下の寒気が広く流れ込み、新潟県や能登半島の一部にはさらに強いマイナス12℃以下の寒気が流れ込むでしょう。

大雪の恐れ

画像B

日本海にはJPCZが顕在化しており、14時現在も北陸に発達した雨雲や雪雲が流れ込んでいます。山間部を中心に雪が降り、平地でも雪に変わっている所があります。

このあと、平地でも広く雪が降り、7日(日)夜から8日(月:成人の日)午前中にかけて山沿いや山地を中心に大雪となるでしょう。平地でも積雪となり、大雪となる所がある見込みです。

日本気象協会の予測によりますと、8日(月:成人の日)12時までの24時間降雪量は、新潟県の山沿いなど多い所で100センチ前後となるでしょう。石川県の山沿いでも多い所では80センチ前後の降雪が予想されています。能登地方などの平地でも30センチ前後の雪が降るでしょう。

石川県を中心に地震の影響で道路が寸断されている所がありますが、大雪によりさらに路面状況が悪化する恐れがあります。道路が大きく陥没した所では、路面の安全確認が難しくなりそうです。不要不急の車の使用は慎重な判断をなさって下さい。被災地支援や復旧作業にあたる方など、車の立ち往生に注意が必要です。

8日(月:成人の日)の午後は次第に雪はやむでしょう。

真冬の厳しい寒さ

画像C

7日(日)は未明から次第に気温は下がり、14時の気温は金沢市で5.8℃、輪島市で1.1℃、珠洲市で1.5℃と、厳しい寒さとなっています。夜間は0℃前後まで気温が下がり、一段と厳しい冷え込みとなりそうです。

8日(月:成人の日)の日中も空気が冷たく、日中の最高気温は3℃前後となるでしょう。

低体温症に注意

画像D

避難所などで、十分に暖房が使えない場合には、低体温症のリスクが高まります。

できる限り、重ね着などで暖かい服装を心がけてください。上着の中に新聞紙やラップ、アルミホイルなどを詰めるのも低体温症を防ぐ対策となります。空のペットボトルとお湯が使用できる環境であれば、即席の湯たんぽにする、身体を寄せ合う等、できる限りのことをして、低体温症を予防するようにして下さい。

暮らしとモノ班 for promotion
【本日最終日】Amazonプライムデー2024「先行セール」開催中! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介