代々木忠(よよぎただし)/ 1938年、福岡県生まれ。若き華道家として将来を嘱望されるが、親友に請われて極道となる。カタギに戻ってからはピンク映画を経てビデオの世界へ。2021年に引退するまでAV監督としての作品は約600タイトル。愛称はヨヨチュー。著書に『プラトニック・アニマル』(幻冬舎アウトロー文庫)、『つながる』(新潮文庫)などがある。(撮影/写真映像部・上田泰世)
代々木忠(よよぎただし)/ 1938年、福岡県生まれ。若き華道家として将来を嘱望されるが、親友に請われて極道となる。カタギに戻ってからはピンク映画を経てビデオの世界へ。2021年に引退するまでAV監督としての作品は約600タイトル。愛称はヨヨチュー。著書に『プラトニック・アニマル』(幻冬舎アウトロー文庫)、『つながる』(新潮文庫)などがある。(撮影/写真映像部・上田泰世)

「どうすれば恋愛できるの?」「セックスなしの人生は無意味?」などなど現代人の愛と性の悩みに、伝説のAV監督・代々木忠さんが回答する『人生を変えるセックス 愛と性の相談室』(幻冬舎新書)が話題だ。心の奥まで写し撮るドキュメンタリーの手法でAVを撮り続け、長年、性と向き合ってきた“ヨヨチュー”の回答には、老後を変えるヒントも詰まっている。そこで、中年・熟年世代の「あるある」の悩みに回答してもらった。

【図表】男女でこんなに違う…シニア世代の性事情「したい?」「目的は?」

*  *  *

Q:セックスレスを解消したいけど、どうすればいいかわかりません。

A:セックスレスが我慢できず、僕のビデオに出た奥さんに「旦那の目を見てセックスしてた?」と尋ねると、10人が10人「目なんか見たこともない」と言います。目を閉じたまま、言葉も交わさず黙々としているんですね。だからいろんな妄想をします。元カレとしていたり、気になっている男性を想像したり。中には「知らない男に犯されていることを想像しないと燃えない」という奥さんもいました。つまり、セックスではなく、相手の体を使ったオナニーをしている。セックスレスになるべくしてなっているわけです。聞けば旦那のほうも、奥さんが欲情するような言葉をかけるでもなく、目も見ないまま射精をしておしまい。互いに問題があるのは言うまでもありません。

 セックスは本能と感情でするものですが、一番大切なのが感情です。「好き」という思いを込め、お互いに目を見る。名前を呼んで「心を愛撫」する。見つめ合って、お互いが欲情するような「卑猥な言葉」を言い合う。これはセックス改善の絶対条件です。ぜひ、お二人で実行してみてください。

 ただし、押し付けるのではなく、話し合うところから始めることが大事です。「それができないんだよ!」と思うかもしれませんが、素直な気持ちを相手にぶつけないことには何も始まりません。

 人は誰でも自分の居場所や存在価値を求めます。お互い「セックスはもう卒業でいいや」と思えば何の問題もありませんが、相手から求められたいのに求められず、環境を変えたくてもぶつかる勇気がない。そうなるとネガティブ思考のスパイラルに陥り、不倫や離婚まっしぐらです。最初は照れ隠しで「はぁ?」という反応をされるかもしれませんが、拗ねずに思いを伝えていけば、きっといい方向に向かうはずです。

次のページ