メイン画像
メイン画像

関東はきょう7日(水)は気温がグングン上がるでしょう。内陸部を中心に真夏日となりそうです。蒸し暑くなりますので、熱中症対策を万全に。

きょう7日 気温上昇 真夏日も

きょう7日(水)、関東地方は明け方まで所々で雨が降っていましたが、天気が回復し、朝から日差しが届いています。

日中は気温がグングン上がり、暑くなるでしょう。最高気温は昨日より高くなりそうです。熊谷市や前橋市は30℃以上の真夏日になるでしょう。東京都心も30℃近くまで上がり、7月上旬並みの暑さとなりそうです。湿気も多めで、蒸し暑いでしょう。

気温に加えて、湿度も高めなため、熱中症に注意が必要です。ノドの渇きを感じる前にこまめに水分をとるようにしてください。

天気はゆっくり下り坂

画像B
画像B

あす8日(木)は、晴れ間はでますが、雲が広がりやすいでしょう。夜は所々で雨が降り始めそうです。最高気温は28℃前後の所が多く、湿度も高く、ムシムシするでしょう。引き続き暑さ対策をなさってください。

9日(金)は広く雨が降り、雨脚が強まる所もあるでしょう。雨量が多くなる恐れもあります。最新の気象情報にご注意ください。この雨のタイミングで関東甲信地方も梅雨入りとなる可能性があります。

熱中症予防

画像C
画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。
② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
③ 暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。