メイン画像
メイン画像

きょう6日(火)の関東は、午前中は北部で晴れる見込み。ただ、夕方から沿岸部などで雨が降り出し、夜は南部で広く雨。北部でも所々でにわか雨がありそう。お帰りの時間が遅くなる方は、雨具が必要。

夕方から沿岸部など雨の所も 夜は南部を中心に雨具が必要

画像A
画像A

きょう6日(火)の関東は、前線や湿った空気の影響を受ける見込みです。

午前中は、北部で晴れ間が広がり、南部でも日が差すでしょう。ただ、午後は各地とも曇り空に変わり、夕方から沿岸部などに雨雲がかかりそうです。夜は南部の広い範囲で雨が降り、北部でも所々でにわか雨があるでしょう。お帰りの時間が遅くなる方は、お出かけの際に雨具をお持ちください。

今夜遅く日付が変わる頃から、あす7日(水)の明け方にかけて、千葉県や神奈川県など南部では、局地的に雨の降り方が強まりそうです。急な強い雨にご注意ください。

北部はカラッとした暑さ 南部はムシムシ

最高気温は、きのう5日(月)より3℃前後低いでしょう。前橋市や宇都宮市は27℃、東京都心や横浜市は25℃の予想です。

北部は、午前中は晴れるため、比較的カラッとした暑さとなりそうです。一方、南部は湿度が高いため、きのう5日(月)より気温が低くても、ムシムシするかもしれません。体調の管理とともに、食品の取り扱いにも注意が必要です。

あす7日(水) 梅雨入り前の貴重な晴れ間

画像C
画像C

あす7日(水)は、北部は晴れ間が広がる見込みです。南部の雨は明け方までで、日中は各地で晴れるでしょう。最高気温は、前橋市で30℃など、内陸部では真夏日(最高気温が30℃以上)の所が多くなりそうです。こまめな水分補給を心がけるなど、暑さ対策をしっかりなさってください。

8日(木)以降は、梅雨前線の影響を受けるため、曇りや雨の日が続くでしょう。今週中には、関東甲信でも梅雨入りするかもしれません。あす7日(水)は貴重な晴れ間となりますので、日差しを有効にお使いください。
なお、梅雨前線の動き次第で、9日(金)頃は、局地的に雨の降り方が強まる恐れがあります。最新の気象情報にご注意ください。