チャンス大城さん(撮影/写真映像部・東川哲也)
チャンス大城さん(撮影/写真映像部・東川哲也)
この記事の写真をすべて見る

 芸歴32年、いま、お茶の間の記憶に残る男として、TV出演急増中の芸人・チャンス大城(本名:大城文章)さん。そんなチャンス大城さんが自らの半生を赤裸々に語り下ろした『僕の心臓は右にある』から、上京したての頃バイトしていたコンビニでの「美しいひと」とのエピソードを、本文から抜粋、編集して紹介します。

*  *  *
■美しい人のこと

 尼崎から東京に出るとき、東京に住んでいた唯一の知り合いは、NSC13期の同期生だった俳優の三浦誠己君でした。実を言えば、三浦君が東中野に住んでいたから、僕も東中野にアパートを借りることにしたのです。そして、三浦君の紹介で東中野のセブン・イレブンでアルバイトを始めたのでした。

 なにしろ事務所も決まっていないし、完璧に無名でしたから、芸人としての仕事が入るはずもありません。とりあえずはバイトをして、当座の生活費を稼ぐしかありません。

 コンビニでバイトを始めてしばらくたったとき、夜中の3時ごろに、若いお姉さんがタバコを買いに来るようになりました。あごにホクロのある、とても派手なかっこをした美しい人です。いつも鼻歌を歌いながら店に入ってきては、必ずハイライトを買って帰るのです。

 僕はそのお姉さんのことを、とても好きになってしまいました。ほとんど、ひと目惚れでした。そして、そのことをシフト・リーダーに告白したのです。

「実は僕、好きになってしまった女性がいるんです。片想いです」
「ああ、あの派手なお姉さんね」

 なんとかしてお姉さんと会話がしたいと思った僕は、ある作戦を実行しました。

 お姉さんが鼻歌を歌いながらカウンターに接近してきた瞬間に、黙ってハイライトを差し出したのです。

 作戦は成功でした。

「私の銘柄、覚えてくれているんですね」
「もちろんです!」

 普通ならアブナイやつだと思うところでしょうが、お姉さんは僕の名札をちらっと見ると、こう言いました。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!
次のページ
美しいひとの正体とは?