メイン画像
メイン画像

6日に関東甲信地方の梅雨入りが発表されたばかりですが、7日の東京は、さっそく梅雨の晴れ間で、良く晴れました。梅雨入り発表(速報値)翌日に、日照時間が7時間を超えたのは、8年ぶりのことです。

梅雨入りしたばかりなのに たっぷり青空

気象庁は、6日「関東甲信地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。いよいよ長雨の季節が到来!ということですが、7日の東京は、さっそくたっぷりの日差しが降り注いで、日照時間は7時間を超えました。関東甲信地方の梅雨入り発表(速報値)翌日に、東京で日照時間が7時間以上だったのは、2010年6月14日に梅雨入りが発表され、翌日15日に8.5時間の日照時間を観測して以来、7年ぶりのことです。
ただし「梅雨入り」や「梅雨明け」の発表は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表されます。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果によっては、速報値から確定値に期日が変更になる場合があります。

梅雨の晴れ間 長続きせず

ただ、この青空は長くは続きません。8日の東京は晴れ間もでますが、雲が増えるでしょう。週末は梅雨空が戻り、週明けにかけて、東京でも雨量が多くなる可能性があります。最新の情報をチェックして、梅雨の大雨に備えて下さい。