メイン画像
メイン画像

梅雨入り間近の関東地方は、6日(水)から7日(木)朝にかけて本降りの雨になりそう。週末からは梅雨前線の活動が活発化し、雨脚が強まる可能性があります。

いよいよ雨の季節へ

関東地方は梅雨入り目前となっています。5日(火)は晴れて、日中は暑さが続きますが、6日(水)は各地で傘が必要になるでしょう。西から前線が延びてくるため、6日(水)朝の通勤・通学の時間帯にすでに雨の降りだしている所がありそうです。午後はほぼ全域で雨となるでしょう。夕方から夜の帰宅時間や、7日(木)の朝の通勤・通学時に本降りの雨となる可能性があります。前線の動きは予想にまだ幅があるため、tenki.jpで最新の情報を確認してください。

週末は前線の活動が活発化

8日(金)には前線がいったん関東の南へ下がって晴れ間が出ますが、9日(土)は湿った空気が流れ込みやすくなります。10日(日)には前線が再び本州付近まで北上するでしょう。南からは雨雲の元となる暖かく湿った空気がたっぷり流れ込むため、前線の活動が活発化する見込みです。関東地方は10日(日)から11日(月)にかけて所々に発達した雨雲がかかり、雨脚が強まりそうです。また、前線の南に予想されている熱帯低気圧の発達具合や進路によっては、風も強まって荒れた天気となったり、雨が長引いたりすることも考えられます。来週にかけては予報が大きく変わる可能性がありますので、最新の情報をこまめにチェックしてください。