今日(22日)は太平洋側では広い範囲で晴れましたが、冷たい北寄りの風が強まりました。あす(23日)も北風の続く所があり、さらに今日より日差しは控えめになる見込みです。春本番の暖かさは、しばらくおあずけになりそうです。

この記事の写真をすべて見る

22日は日差しがあっても、冷たい北風

22日は太平洋側を中心によく晴れて、日差しがたっぷりと降り注ぎました。東京都心の日照時間は、21日の0時間から一転して、10時間を超えました。気温も太平洋側を中心に昨日より上がって、平年並みの陽気に。関東から西では15度近くまで上がった所が多くなりました。ただ、北日本や東日本を中心に北寄りの風が強まり、数字よりは寒く感じられたかもしれません。

23日は北風収まっても、日差し控えめ

23日も、22日ほどではありませんが、北風の続く所がありそうです。さらに、22日より雲が広がりやすくなる見込みです。東京など晴れマーク一つの所も、スッキリとした晴天は期待できないでしょう。引き続き、気温の数字よりは、ヒンヤリと感じられそうです。

来週にかけて春本番の陽気なし?

先日の3連休は一時的に春本番の陽気となりましたが、来週にかけては西日本や東日本は20度くらいまで上がるような日はなさそうです。桜が咲いた東京都心も、まだ春の装いでは寒いくらいの日が多くなる見込みです。特に今週末の関東は花冷えになりますので、お花見は厚手の上着で暖かくしてください。