3月11日、被災地を含め、広く穏やかな晴天です。追悼式が行われる各地とも天気の崩れはないでしょう。

日の出から20分後の東京都心の空(2017年3月11日)
日の出から20分後の東京都心の空(2017年3月11日)

被災地は天気の崩れなし

東日本大震災から6年のきょう(11日:土曜)は各地で追悼式が行われます。
全国の広い範囲で晴れるでしょう。風は弱く穏やかに経過する見込みです。
震災で犠牲となられた方々に、日直予報士一同、心から哀悼の意を表します。
3.11を決して忘れず、今後も自然災害の被害を少なくできるよう、「減災」を意識した情報発信に努めてまいります。
【きょう(11日:土曜)のポイント】
沖縄は雨の降り方に注意。
九州から北海道まで昼頃から広く晴天。
最高気温は平年並みの所が多く、日差しにホッとできる。
【きょう(11日:土曜)の全国の天気】
湿った空気が入る沖縄は雨が降るでしょう。風が強く、雨脚も強まりそうです。
九州、中国、四国、近畿、東海、関東甲信は広く晴れるでしょう。
北陸の雪や雨も朝までで次第に晴れる見込みです。
東北の太平洋側は晴れるでしょう。
東北の日本海側は昼前まで雪の降る所がありますが、次第に日が差す見込みです。
北海道は晴れるでしょう。
【きょう(11日:土曜)の全国の最高気温】
沖縄は18度くらいで、真冬並みの予想です。
九州、四国、山陽は16度前後で暖かいでしょう。
山陰、近畿、東海、関東甲信は12度前後で、平年並みの予想です。
北陸と東北は7度前後でしょう。風は弱く、日差しの下では幾分、ホッとできそうです。
北海道は平年並みの3度前後でしょう。
※万が一の時のためにどう備えるか、役に立つ情報をリンク先として添付しました。