九州から関東は、午前9時現在所々で雨で、きょういっぱい降ったり止んだり。特に太平洋側では、ザッと強く降る所も。北陸から北も夕方以降は次第に雨。全国的に南風が強まり、春一番となる可能性あり。

午前6時の実況天気図
午前6時の実況天気図

きょうは低気圧が日本海を東へ。この低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込みます。
九州から関東では、これから今夜にかけても雨が降ったり止んだりで、
太平洋側を中心に、ザッと強く降る所もある見込みです。
北陸も午後は次第に雨となり、東北と北海道も夜になると広い範囲で雨や湿った雪となりそうです。
さらに、午前9時現在、九州や中国地方では、日本海側を中心に南風が強めに吹いています。
このあとは、強い風の範囲もさらに東へと広がる見込みです。
日本海側だけでなく太平洋側も、特に海沿いの地域では折りたたみの傘では歯が立たないくらいの強い風の吹くこともあります。できるだけ、大きめのしっかりした傘を持っておくと良さそうです。
高速道路や橋の上では、横風の影響を受けやすくなりますので、車の運転は十分な注意が必要です。
また、沿岸を走る電車など、交通機関に影響が出る可能性もありますので、お気をつけください。

九州から関東に雨雲
九州から関東に雨雲

最高気温はきのうより高め 4月並みの所も

全国的に、日差しはほとんどないものの、午後は各地で気温が上がってきます。
最高気温は、九州から関東、北陸は広く10度を超えて、
松江と金沢で17度など、特に日本海側でグンと上がり、4月上旬から中旬並みに。
また、仙台で10度など、東北も10度前後。
北海道も5度くらいまで上がる所が多くなり、厳しい寒さはなさそうです。
雨と、気温の上昇で、雪どけが進みます。
雪の多い地域では、雪崩や屋根からの落雪にいっそうの注意が必要です。
車を運転する方は、泥はねにも十分にお気をつけください。