昨年9月に東京・六本木のクラブで起きた“人違い”集団暴行殺人事件。その裁判が7月23日に始まった。事件にかかわっていたのは「半グレ」といわれる関東連合。彼らは暴力団と一線を画しながら、どうやって夜の街で勢力を伸ばしていったのか。ノンフィクション作家・石井光太氏と、元リーダーで『いびつな絆関東連合の真実』の著者である工藤明男氏が対談した。

続きを読む