セクハラ告発で辞任した福田前次官の退職金 後任の「#MeToo」は? 

週刊朝日
「福田淳一事務次官から女性社員がセクハラを受けた」とテレビ朝日が財務省に抗議し、批判が殺到しても、渦中の麻生太郎財務相はどこ吹く風だ。

【写真】テレビ朝日の記者会見の様子

 麻生財務相は24日の閣議後記者会見で、福田次官の辞任承認を公表した際、「(セクハラは)はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中にご意見ある」「セクハラ疑惑は少なくとも週刊誌報道だけで『あった』と認定するのはいかがなものか」と言い放った。

 自民党派閥領袖がこうぼやく。

「官民問わず、こうした状況になれば、トップは責任を取るもの。麻生さんは逆。まったく自分の立場を理解していないね。安倍(晋三)さんはそんな麻生さんに鈴をつけられないでいる。9月の総裁選で支持を失うのが怖くて辞めさせられず、もう泥沼だ」

 辞任したものの、テレビ朝日に抗議されても「全体をみればセクハラに該当しない」と居直った福田氏に対し、女性記者らに怒りの「#MeToo」が広がっている。数年前、福田氏と佐川宣寿氏が次の事務次官候補として争っていたころ、女性記者Aさんは福田氏からセクハラ被害を受けたという。

「電話がかかってきて、指定されたバーのような店に行きました。酔った福田さんは『今日はこのあとキミの家に行ってゆっくり話をするんじゃないの』『そう思って僕のところに来たんだろう』と言われました」

 Aさんは社の上司に福田氏について相談した。

「『我慢して、ネタ取れなかったの』と言われました。ああもうダメだと、いくら言っても理解されないと思いました。その後、福田さんの取材は続けましたが、ネタになることは何も言ってくれませんでした」

 雑誌の女性記者Bさんもこう証言する。

「テレビ局の人の紹介で福田さんと知り合い、すぐに携帯番号を教えてくれた」

 しばらくすると、麻布(東京都)のバーに呼び出されるようになった。

「最初は官邸や財務省人事など興味深い話だったのですが、『そのスカート、色っぽくていいね』と言い、エスカレートして『スカートの中はどう?』とか言って手を握ってきた。払いのけようとすると、抱きつかんばかりまで体を寄せ、『オレとサシで飲めるチャンス、まずないよ』と言われました。帰りのタクシーにも一緒に乗り込もうとして、押し問答になりました」

 福田氏は東大法学部を卒業し、1982年に大蔵省(現財務省)に入省。同じ82年組には「森友問題」の決裁文書改ざんで3月27日、国会で証人喚問を受けた前国税庁長官の佐川氏、売買交渉時に財務省理財局長だった迫田英典氏らがいる。

 福田氏の1期上の元財務官僚の松田学元衆院議員は話す。

「福田次官がワインにやたら詳しいことに驚いたことがあります。ワインの産地を挙げたり、種類がどうだとか。さらに大のマージャン好き。たぶん、82年組で一番強かった。佐川ともマージャン仲間だったと思う。佐川は仕事はめっぽうできたが、豪胆な福田に比べると、ちょっと神経質なところがあったかもしれない」

 福田氏がセクハラを認めない背景には、退職金など金銭問題もあるのではないかとされる。

「福田氏は辞任を渋り続け、見かねた官邸が引導を渡した。認めると懲戒などの対象になり、退職金にも影響する。辞めた後の人生も長いから……」(自民党議員)

 福田氏は8年前、東京都目黒区に土地を購入し、一戸建ての自宅を新築した際、金融機関からの借金があり、ローンを返済中という。

 セクハラについて福田氏へ聞き取り調査をした矢野康治官房長が当面、次官業務を代行する。矢野氏は「菅官房長官の秘書をかつて務めた経験もあり、官邸からの信頼も厚い」(財務省関係者)。しかし、早くも不安視する声が出ている。

「矢野さんは福田さんの腹心で女性記者を集めた夜の会合に同席することもあった。#MeTooが連鎖しなければいいですけど……」(別の女性記者)

(本誌・上田耕司)

※週刊朝日 2018年5月4-11日合併号
サイトで見る