サッカー協会は「テレビ中継なし」懸念 日本代表アウェー戦が地上波で復活する日は来るか

dot.
サッカー日本代表
W杯の最終予選で苦戦を強いられているサッカー日本代表 (c)朝日新聞社

 サッカー日本代表は9月から始まったカタールW杯最終予選で、予想外の苦戦を強いられている。W杯出場の常連国となった今、本戦出場は安泰と見られていたが4試合消化時点で2勝2敗、同予選B組でW杯出場圏外となる4位と低迷。10月12日のオーストラリア戦(埼玉)に2-1で勝利したものの、いまだ森保一監督の進退問題が取り上げられるなど、予断を許さない状況が続いている。

【写真】「僕は客寄せパンダで十分」と語る日本サッカー界孤高のレジェンドはこちら

 そして、日本代表のW杯出場が微妙になっていることが「アウェー戦が見られない」という状況について、日本サッカー協会を動かし始めたという。

「予選突破は確実という雰囲気が選手、関係者、メディア、ファンにあった。だがW杯予選は何が起こるかわからない。海外組が増えチーム力は上がっているが、所属クラブとの関係や移動問題などが絡みコンディション調整などは難しくなった。選手のレベルがそのまま試合に出せていないジレンマを感じる」(サッカー関連スポーツライター)

 日本代表は来月11日にベトナム戦、16日にオマーン戦とアウェー2連戦が続く。予選B組では格下と見られる2チームからは確実に勝利を収めたいところだ。しかしこの大事な2連戦を多くの日本国民は見ることができない。従来はテレビ朝日など地上波で放送されていたが、今予選からアウェー戦は動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)でしか見ることができないからだ。

 DAZNはアジアサッカー連盟(AFC)と28年まで長期契約を締結し、アジア最終予選の放映権を手に入れた。これまではテレビ朝日が05年に結んだ契約の延長を繰り返し17年からは4年180億円で契約を結んでいた。しかし昨年契約が切れるとAFCは契約期間8年、金額を従来の5倍以上に当たる1年換算200億円に契約条件を再設定したとされる。高騰した契約料を払えなかったテレビ朝日は今予選ではホーム5試合の放送権のみをDAZNとの間で1試合3~5億円でバラ売り契約したという。アウェー戦については、他局が手を挙げることもなく地上波放送はなくなった。

「W杯常連国となった日本代表の最終予選にはうまみがなくなり番組スポンサーも集まらない。テレビ局側もコロナ禍で予算が大幅削減されサッカーに巨額投入できない。注目が集まる本大会中継を見据えての判断でもあった。最終予選は形式的なものでスムーズに勝つと思っていたら蓋を開ければこの状態。多くのファンは重要度が増したアウェー戦を見守ることができなくなった」(大手広告代理店関係者)

「今予選は絶対有利なホーム初戦をオマーンに0-1で落とした(9月2日)。何があるかわからないことを改めて痛感させられた。今後、アウェー試合を見られないのは国民なら納得いかない。そういった声が多く寄せられ日本サッカー協会も腰を上げたようです。ホーム試合にできるだけ多くの集客をするとともに、アウェー試合の放映権を手に入れてくれるテレビ局を探し始める動きが見られる」(関東キー局スポーツ担当)

 森保監督の進退が騒がれたオーストラリア戦では、PCR検査での陰性とワクチン接種済みのファンを対象にJFAシートを追加販売した。表向きは日本政府が実施するワクチン・検査パッケージやQRコード等の技術実証に協力するという大義名分だった。もちろん日本政府への協力の意味もあったのだろうが、ファンの応援を必要とした形にも感じられる。

「JFAシートが設置されたのはバックスタンド2階席という試合中継に映り込みやすい場所。スタジアムが埋まっているように見えれば盛り上がりを伝えられる。テレビ視聴者はもちろんテレビ局、広告代理店側へのアピールもあります。予選は始まっているが、これから先のアウェー試合の放映権を取得してもらいたい意図が見える」(サッカー関連スポーツライター)

 DAZNがAFCと全放映権契約をしているが、ホーム試合のテレビ朝日と同じようにDAZNとのバラ売り契約もできる。極端な話、今後のアウェー試合をNHKと民放各社が1試合ずつの持ち回りをすること自体は可能ではある。そのためにも日本代表が盛り上がっていることを証明する必要があったということだ。

 かつてW杯はサッカー日本代表にとって遠い世界の話であり、出場こそが最大のミッションだった。しかし98年フランス大会で初出場、02年の自国開催を経てここまでベスト16進出を3度果たした。現在は「世界一になる」という夢を語れるようにもなったが、今予選は勝ち抜くのに苦労している状況だ。今こそサッカーファミリー、日本国民が1つになって戦う時かもしれない。

 スポーツはもちろん、映画、音楽などのエンタメ界全体で各コンテンツが有料化となる流れは止まらないだろう。しかし五輪やサッカーW杯などについては、誰もが視聴できてもいいはずだ。多くの人たちがテレビ地上波で試合を見守り、声援を送ることのできる環境をなくしてはいけないとも感じる。