ビジネス書には載っていない。漁業を救う女性起業家が目指す、懐かしくて新しい経営

dot.
 漁獲量の低下に悩む漁師と手を組み、萩大島船団丸を結成し、「船上直送」を成功させた坪内知佳さん。著書『荒くれ漁師をたばねる力 ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命を起こした話』にも描かれた苦難の道のりのなかで、彼女はビジネス書には載っていない経営を追求した。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』がイメージというその経営スタイルとは?

*  *  *
■高校生の時に思い描いた経営

 生きるために働くのか、働くために生きるのか。

 何かしらの仕事をしている人、してきた人なら一度は考えたことがあるだろう。24歳のシングルマザーだった2010年、漁獲量の低下に悩む山口県・萩大島の漁師と手を組んで、萩大島船団丸を結成した坪内知佳。彼女が仕事をする上で最初から意識していたのも、このことだった。そのきっかけは、坪内の祖母、叔母、母の3人が福井駅前で経営していた喫茶店で長い時間を過ごした幼少時代にさかのぼる。

「小学生の頃、お店にいたら電話が鳴って、ある常連さんが自殺してしまったと。その方は30分前までお店にいて、私の理科のテキストを見ながら一緒に桜の話をしていたんです。だから、すごくショックで。もちろん、詳しい事情はわからないけど、仕事絡みだと聞いて、なんで? 死ななくてもいいのに……という気持ちがずっと残りました」

 福井は経営者が多い県として知られる。坪内家の喫茶店には多くの経営者やビジネスパーソンが集っていたから、同じような話を耳にしたのは一度や二度ではなかった。そのたびに少女は、大人たちの深刻な話に耳を傾けながら、「生きるために働くのか、働くために生きるのか。もし私が同じような状況になったら、どうしよう。もし私の身の回りの人が苦しんでいたら、自分に何ができるかな」と考えるようになった。

 もちろん、時には上り調子の経営者もいて羽振りの良い話も聞いたが、10年以上も喫茶店にいたから景気には浮き沈みがあることにも気づく。高校生になった頃には、もし自分が会社を経営するならこういう会社がいいんじゃないか、というイメージができていた。

「私は、戦後復興期にあったなんとか商店みたいな、人と人との距離がものすごく近くて、アナログで身の丈に合った、地域に根差した中小企業みたいなほうが幸せなんじゃないかって考えていました。学校の延長みたいな感じで楽しくやれたらいいよねって」


■『ALWAYS 三丁目の夕日』のような会社

 坪内は、高校生の頃から「幸せに生きるために働く」道を選び、その方法を思案してきた。その想いを実現したのが、萩大島船団丸であり、2014年、山口県萩市に立ち上げた株式会社「GHIBLI(ギブリ)」だ。

 萩大島船団丸の立ち上げから9年。彼女が考案した、魚を船上で加工して港から飲食店に直送する「粋粋Box」は、旧態依然とした水産業で六次産業化を成功させた革新的なケースとして大きな注目を集めた。

 全国から殺到する問い合わせに対応するために設立したのがギブリで、船団丸の鮮魚販売だけでなく、ギブリを通してコンサルティング事業も始めた。現在は高知、北海道、鹿児島のクライアントとともに漁業の六次産業化に携わっており、ギブリが手配する鮮魚の契約先は500軒に達する。

 こう書くと順風満帆のように思われるかもしれないが、その道のりは苦難の連続だった。契約先に直送するとなれば、それまで魚を卸していた中間業者を通す必要がなくなる。その中間業者からの脅しに近いクレームや、加工や配送などの作業が増えて不満を溜める漁師との衝突、契約先からの苦情やそれに伴う契約の打ち切りなど、この10年間のトラブルを挙げればきりがない。いつ空中分解しても不思議ではなかった。

 それでも事業を継続し、ここまで成長することができたのは、恐らく、坪内が目指した経営が関係している。坪内から「戦後復興期のなんとか商店」という話を聞いて僕が思い浮かべたのは、昭和の東京・下町を舞台にした映画『ALWAYS 三丁目の夕日』だった。そこで率直に、「あの映画みたいなイメージですか?」と尋ねると、彼女は「そう、そう!」とうなずいた。

「うちは本当にあんな感じですよ。あの映画に出てくるような会社を作りたかったんです。ビジネス書って、東京のベンチャーとか大企業の話ばっかりじゃないですか。自分が会社をつくる時に、そうじゃないんだよな、しっくりこないなと思いました。東京の真似をするんじゃなくて、地方に合った新しい経営のモデルを作ることができたら、世の中が少し変わるかもしれないと思っています」

■懐かしくて新しい会社

 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を観ていない人に説明をすると、あの映画に描かれている人間模様は決して「温かい」だけではない。人と人の距離が近いからこそ、ケンカもする。いがみ合う。現代の価値観から見れば、暑苦しくて面倒くさい人間関係ともいえる。

 坪内も船団の漁師と口論することなど日常茶飯事で、取っ組み合いのケンカもした。ギブリの事務所には子ども部屋があり、時には女性スタッフ6人の子ども8人が勢ぞろいして「共同生活みたい」な賑わいになる。まさに、『ALWAYS 三丁目の夕日』を彷彿させるこの近しい関係性を、坪内は大切に思っている。

「私、人間はひとりひとりが歯車だと思っているんですよ。自分も歯車のひとつなので、自分を過大評価することなく、役割を全うして、一生懸命、歯車を回し続ける。そうすると多分、家族とか友達、社員もぐるぐると回ってくれる。それが人の役に立つことなら、会社って勝手に大きくなるし、勝手に人が集まるし、勝手に市場が広がるんです」

 自分はひとつの歯車。ひとりでは空回りするだけ。だからこそ、仲間と密な関係を築く。全員の歯車がかみ合うように。苦しさを抱える誰かの手を離さないように。

 坪内が提示する「経営モデル」は、昭和の香りがする。しかしなぜか、新しくも思える。「採用には困ったことがない」というから、惹かれる人も大勢いる。地方にこのスタイルが広まったら、日本はどう変わるのか。それを想像して、ワクワクするのは僕だけではないだろう。(文中敬称略)




サイトで見る
続きを読む