投資信託の積み立ては毎月「ベストな日」がある!? 365日×20年検証で驚きの結果

AERA
AERAマネー
足かけ30年×365日分の壮大な投資信託検証を行った、マネックス証券マーケティング部の西尾貴仁さん(撮影/小山幸佑)

 投資信託(以下、投信)をつみたてる日は、毎月どの日が一番、利益を出しやすいのだろう?

 クレジットカードつみたてで無い限り、自由に選べる金融機関も多いだけにビギナーは迷う。

【注目】代表的な「日経225」「S&P500」の365日×20年分のつみたて結果はこちら!

■米国S&P500は「7日、9日、11日、23日」

 アエラ増刊『AERA Money 2021秋号』では以下の7種類のインデックス型投信の、つみたて日別リターン(年率)を365日×過去20年分(全米株式のみ10年分)、検証した結果を載せている。

・日経225
・米国S&P500
・全米株式
・先進国株式
・全世界株式(オール・カントリー)
・全世界株式(除く日本)
・新興国株式

 壮大な分析に協力してくれたのは、マネックス証券マーケティング部の西尾貴仁さんだ。掲載したのは「期間20年」の結果だが、実際は「期間10年」と「期間30年」も、それぞれ365日分を2週間近くかけて検証した。

「最近の一番人気、S&P500の投信は、7日、9日、11日、23日が同率で最高。29日が最低だったという結果が出ました。その差は20年間で見て1年当たり0.11%、20年間のトータルリターンでも2.2%と僅差ですが……」

■日経225は「最高13日・最低29日」

 なお、全米株式は毎月1日のリターンが最高。これは米国株全体が右肩上がりで伸びてきたので、月末より月初のほうが約30日早く買える効果が表れた形か。

 日経225は最高だったのが「13日」で、20年の年率平均リターンは8.41%。ワーストは米国S&P500と同じく「29日」で8.30%だった。

 SMBC日興証券の山本憲将さんが補足する。

「S&P500や日経225などの株価指数は、年金や持ち株会などが月初に買い付けるため、月のはじめは高くなる傾向があります。

 また、バランス型投信は月末がリバランスを行う時期です。先物・オプションの清算日近辺も値動きが不安定になりがち。日本では第2金曜日の前後、8~13日あたり、米国では第3金曜日、15~20日あたりです」

※日々の指数をつみたて額1万円で除算することで口数を計算し、期間合計の口数に最終営業日(2021年6月30日)の基準価額を掛けてベースとなる資産額を算出。基準価額は、休日の場合は前営業日の価額を採用。「毎月末」は30日と31日のリターンを平均化して計算。参照指数を途中で変更した場合、まず、変更年の12月31日時点で保有する口数にその時点の基準価額を掛けて資産額を算出。その資産額を変更した翌年の年初の基準価額で割って口数を再計算し、連続性をもたせた。年率リターンは累積リターンを年数で割った数字。参照したインデックスは次の通り。●日経225…1991年7月~ 2001年12月は「日経平均株価」、2002年1月以降は「日経平均トータルリターン・インデックス」。●S&P500…全期間「S&P500トータルリターン指数」。データ提供:マネックス証券

■つみたて結果は相場により変わっていく

 クレジットカードつみたての場合は「毎月1日」と金融機関側から決められている場合が多いが、自分で選べる場合は米国株も日本株も“中途半端な日”がわずかながら良いということだ。

 ただ、毎月1日しか選べないときも悲観することはない。20年の長期でも、差は1~2%である。そして今回の壮大な検証も、あくまで「過去は、こうだった」という参考情報にすぎない。

 2018年に同様の検証を行った資料が手元にあるが、今回の検証とは違う結果だった。日本株が「月初の株高」と長年言われてきたが、今はかつてほどではない。

 結局、相場状況により変わっていくものなので、気にしすぎることはないのだ。

AERA Money 2021秋号

◎西尾貴仁(にしお・たかひと)/マネックス証券 マーケティング部。2013年、マネックス証券に入社。主につみたて投資、NISA、iDeCoなど、長期資産形成のための商品マーケティングを担当

(編集・文/綾小路麗香、伊藤 忍)

※『AERA Money 2021秋号』から抜粋