「君の名は。」メガヒットを支えた決断 上映館数23が最高だった新海誠作品を「300館」で公開

AERA

新海誠監督作品過去の興行収入(AERA2017年1月2-9日...

 右肩上がりの時代なんてもう来ない、という話をよく聞く。本当にそうなのだろうか? 実は身近に、30年にも及ぶ「どん底」から抜け出して絶好調を迎えている業界がある。日本映画だ。2016年の日本映画界は、「君の名は。」「シン・ゴジラ」を筆頭にメガヒットが次々に生まれた。「なぜか」を取材してたどり着いたのは、小さな決断を積み重ねた末の5つの大きな決断。「AERA 2017年1月2日・9日合併号」では、その決断の一つ一つがどうなされたのかを徹底取材。ロケツーリズムや監督と俳優の人脈図など、「日本映画」を大特集している。その中から、「君の名は。」ヒットの裏を紹介する。

*  *  *
 公開中の映画「君の名は。」の勢いが止まらない。2016年8月公開。知る人ぞ知る存在だった新海誠(43)が監督し、東宝が制作・配給した。興行収入(興収)は200億円を超え、邦画ではスタジオジブリ「ハウルの動く城」を抜いて歴代2位。中国でも記録的ヒットとなった。

 新海が短編アニメーション作品「ほしのこえ」でデビューしたのは14年前。作画から声までほぼ一人で完成させた作品だった。その後、一定のペースで作品を送り出し国内外のファンがついたが、新海の所属事務所であるコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)が製作し東宝が配給して、新海史上最高の動員数を記録した13年公開の「言の葉の庭」の上映館数は23。興収は1.5億円。ヒットの目安とされる10億円は遠かった。

 それが、「君の名は。」では200億円超。大きすぎる飛躍をもたらした最大の決断は、15年12月、東京・有楽町にある東宝本社の試写室でなされた。


 東宝の上層部がその日、新海が作った「君の名は。」のプロモーションビデオを見た。直後に副社長の千田諭が言った。

「300館規模で公開しよう」

 エグゼクティブプロデューサーで東宝映像事業部映像企画室長の古澤佳寛(38)は振り返る。

「250館規模を想像していました。いよいよ会社が本気になってくれたと思いました」

●13年前のコンタクト

 250館なら全国主要都市+中核都市。300館なら本当の意味での全国津々浦々。メガヒットの舞台は一気に整った。

 新海と東宝が最初に接触してから13年。新海に「スタッフの作品に対する愛を感じた。東宝に預ける安心感はあった」と言わしめた関係性は、小さな決断の積み重ねで醸成された。

「ぜひ、新海さんにお会いしたいです」。「ほしのこえ」を発表した後の03年初め、新海側にコンタクトしてきたのは、東宝のプロデューサーになったばかりの川村元気(37)。代々木のオフィスに現社長の島谷能成と現れた。新海には会えなかったが、

「いつか、一緒にやりましょう」

 と言って帰っていった。

「ネットで話題になっていたので、DVDを買って見ました。『なんだこの空の色は』と思ったのを覚えています」(川村)

 その後、東宝の映画制作を統括する映画企画部長の山内章弘(47)も顔を出すようになり、情報交換するなどして関係を深めていった。

 この関係が「仕事」になったのは12年。東宝は新設したアニメ事業室で新海作品「言の葉の庭」を配給することを決める。前出の古澤が室長を務めたこの部署は、250、300という館数では扱えない作品の興行と、東宝の弱点であるオリジナルアニメコンテンツを発掘することを目指していた。新海を、

「絵と音の美しさに加え、常に描きたい物語を持っている人」と評価する古澤だが、

「大規模公開のみを前提とする東宝の旧来の戦略では、新海さんと組むのは難しかったかもしれない」

 と話す。CWFの社長、川口典孝(47)も思った。

「『言の葉~』は絶対売れる。でも、これ以上の世界に行くためには東宝の力を借りないと」

 川口が新海の次回作、まだ影も形もなかった「君の名は。」を東宝で制作してほしいと伝えたのは、「言の葉~」の初号試写直後。ここからの古澤の動きは具体的だった。

 会社の1年後輩にあたるプロデューサー川村に声をかけ、大学の同級生だった「言の葉~」の宣伝プロデューサー弭間(はずま)友子(39)も加えてスタッフを固めた。彼女はすでに新海の信頼を得ていた。14年7月にCWFで開かれた新海との会議には原作になりそうな本を頭に浮かべながら臨んだが、「夢と知りせば」と仮題のついた企画書を読んで「言う必要はない」と直感。「君の名は。」の要素がすべて含まれていた。

 あとはどうヒットさせるか。

 川村は、クライマックスを後半に固める、シリアスな場面ばかり続けずコミカルな展開を、などと構成に踏み込んだ。

「川村さんは説明がとてもうまい。『もう十分だろう』というタイミングでも、『もう一歩ほしい』と粘り強くアドバイスしてくれました」(川口)

 新海も、これまでの作品では見せなかった派手なアクションやコミカルな要素といった引き出しをあけ、幅広い層へのアピール力が強まった。川村、古澤、弭間の説得で新海が『小説 君の名は。』を書き、公開2カ月前に発売したことも、ロケットスタートにつながった。

●熱量をキープできた

 弭間はキャスティングや音楽、舞台設定の議論にも参加。ヒロインがご飯をかみ吐き出して作る「口噛(か)み酒」については正直に、「気持ち悪い」と意見した。

「古風な面が強く出ると若い人が見に行かない。宣伝的には出さないようにしました」(弭間)

 ずっとそばで見ていたことで、

「制作者の意図と思いがわかった。その気持ちが宣伝に乗って熱量をキープできた」(同)

 宣伝は、15年12月の公開特報と16年4月の劇場予告のテイストを変えたことで山場を迎える。前者には後ろ姿しか登場しないキャラクターが、後者ではRADWIMPS(ラッドウィンプス)の曲にあわせて派手に動く。映画「名探偵コナン」と共に公開すると、ツイッターの書き込みがはね上がった。7~8月の試写会では約4万人に無料で見せた。弭間は言う。

「監督には『こんなに見せたら劇場に来ない』と言われましたが、口コミで評判が広がった。作品のストーリー性とポテンシャルがみんなを動かしたんです」

 作品には力があった。新海も、

「震災を経て、日常の風景はいつでも失われうるというのが私たちのリアリティーになった。だから諦観めいた態度よりも、その中でがむしゃらに『生』に手を伸ばしてもがくような作品を作りたいと考えました。それが観客の心に響いた。1年後でも1年前でも、ここまでのヒットはなかったかもしれません」

 と分析する。言えるのは、300館の決断なくして200億円超はなかったということだ。(編集部・福井洋平、柳堀栄子、竹下郁子)


■日本映画 興収ランキング
1位 2001年<アニメ>「千と千尋の神隠し」/308億円/ジブリ
2位 2016年<アニメ>「君の名は。」/209億円
3位 2004年<アニメ>「ハウルの動く城」/196億円/ジブリ
4位 1997年<アニメ>「もののけ姫」/193億円/ジブリ
5位 2003年<実写>「踊る大捜査線THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」/173.5億円/フジテレビ
6位 2008年<アニメ>「崖の上のポニョ」/155億円/ジブリ
7位 2013年<アニメ>「風立ちぬ」/120.2億円/ジブリ
8位 1983年<実写>「南極物語」/110億円/フジテレビ
9位 1998年<実写>「踊る大捜査線THE MOVIE」/101億円/フジテレビ
10位 1986年<実写>「子猫物語」/98億円/フジテレビ
11位 2010年<アニメ>「借りぐらしのアリエッティ」/92.5億円/ジブリ
12位 1990年<実写>「天と地と※」/92億円
13位 2013年<実写>「永遠の0」/87.6億円
14位 2009年<実写>「ROOKIES-卒業-」/85.5億円/TBS
15位 2004年<実写>「世界の中心で、愛をさけぶ」/85億円
16位 2014年<アニメ>「STAND BY ME ドラえもん」/83.8億円
17位 1988年<実写>「敦煌」/82億円
18位 2007年<実写>「HERO」/81.5億円/フジテレビ
19位 2016年<実写>「シン・ゴジラ」/81.1億円
20位 2010年<実写>「THE LAST MESSAGE 海猿」/80.4億円/フジテレビ

◎興行通信社調べ。2016年12月18日現在。※の配給は東映。それ以外は全て東宝(共同配給含む)。

※AERA 2017年1月2-9日合併号
サイトで見る