部活やクラブで「ノーモア暴力」に訴え始めた親子たち 相談機関の増加も救済を後押し

2022/12/21 08:00

 スポーツ指導で起きる暴力や暴言。「子が人質」「周囲に責められる」と訴えを諦める人が多数だったが、声を上げるケースも出てきた。彼らは理不尽にどう立ち向かっているのか。2022年12月26日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 部活顧問の「暴力・暴言」に苦しんだ娘 「子どもの未来を預けられない」親が訴えを決意

    部活顧問の「暴力・暴言」に苦しんだ娘 「子どもの未来を預けられない」親が訴えを決意

    AERA

    12/20

    体育館に行くだけで倒れ、医師の指示で退部 いまも部活動に残る指導者の暴力と暴言

    体育館に行くだけで倒れ、医師の指示で退部 いまも部活動に残る指導者の暴力と暴言

    AERA

    7/31

  • 「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    AERA

    5/25

    部活顧問のパワハラを絶対に許さない 対抗の鍵は「教育委員会とSNS」

    部活顧問のパワハラを絶対に許さない 対抗の鍵は「教育委員会とSNS」

    AERA

    1/4

  • パワハラだらけのスポーツ界 巣くう「金儲け主義」の悪弊

    パワハラだらけのスポーツ界 巣くう「金儲け主義」の悪弊

    週刊朝日

    9/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す