杉並区長・岸本聡子×作家・中島京子「地方自治は日本の政治を変える希望になる」

2022/11/21 08:00

地方自治の課題やこれからの希望について語り合った岸本聡子・杉並区長(左)と作家の中島京子さん(撮影/写真映像部・加藤夏子)
地方自治の課題やこれからの希望について語り合った岸本聡子・杉並区長(左)と作家の中島京子さん(撮影/写真映像部・加藤夏子)

 これからの地方自治と未来について、岸本聡子・杉並区長と作家・中島京子さんが語り合った。AERA 2022年11月21日号の記事を紹介する。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *

──今年6月、岸本聡子さんは、その差187票という激戦を制して、杉並区長に当選した。同区初、東京都でも史上3人目という女性区長の誕生だった。

 ちなみに東京都の区長の平均年齢は67歳。もっとも多いのは70代というから、48歳の岸本さんは圧倒的に若い。選挙の2カ月前に帰国し、立候補した岸本さんを支援したのは、さまざまな市民グループだった。

 岸本さんを応援したひとりで、杉並区在住の作家・中島京子さんと、選挙について、またこれからの地方自治の課題と可能性について語ってもらった。

中島:こうして二人でお話しするのは初めてですね。岸本さんの存在は本や記事で知っていましたが、区長選に出馬なさったときはびっくりしました。今回の選挙はどういう経緯で出馬なさったのでしょうか。

岸本:人生には「偶然と宿命」があると、いつも思っているんですが、もともと志を同じくした市民グループの方々と長いご縁がありました。私自身は、2022年4月に帰国するまで、20年近くオランダやベルギーに住んで、オランダの政策研究NGO「トランスナショナル研究所(TNI)」に所属していました。環境と地域と人を守る公共政策に関する調査や、社会運動の支援を行っていたんです。

■可能性感じて立候補

中島:私も『水道、再び公営化! 欧州・水の闘いから日本が学ぶこと』を拝読しました。

岸本:水道や電気などの公共サービスの料金が民営化によって上がると、人々の生活に大きな影響を与えます。人権に関わる問題です。こうしたグローバル化の弊害や新自由主義の問題を労働者や環境の視点から問い直す活動を30年近くやっているなかで、日本で同じ関心を持っている人やグループとのつながりができました。日常的にディスカッションを続けていて、地方議員や市民グループの依頼で講師を務めてもいました。

中島:日本の状況への関心はずっと持っていたんですね。

岸本:グローバルな問題を考えるうえでも日本の立ち位置は大事ですし、選挙のたびに仲間と議論していました。そんななかで、日本の政治を変えていくには、やっぱり地方、地域から変えていくことが大切で、そこにこそ大きな可能性があると感じたんですね。そうしたら「杉並区長選がある」と。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 杉並区長が作家・中島京子に語った「決まったなら仕方ない、というあきらめが日本に蔓延」の真意

    杉並区長が作家・中島京子に語った「決まったなら仕方ない、というあきらめが日本に蔓延」の真意

    AERA

    11/26

    187票差で杉並区初の女性区長、岸本聡子さんの異色経歴 「男社会に風穴あけなきゃダメ」

    187票差で杉並区初の女性区長、岸本聡子さんの異色経歴 「男社会に風穴あけなきゃダメ」

    週刊朝日

    8/19

  • カンニング誕生の地「中野サンプラザ解体」是非を問う区長選挙に揺れる思い
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング誕生の地「中野サンプラザ解体」是非を問う区長選挙に揺れる思い

    dot.

    6/6

    King & Prince高橋海人さんが表紙とインタビューに登場 「一つ一つを頑張る5人が歴史を重ねた先に幸せになっていたら最高」/AERA11月14日発売

    King & Prince高橋海人さんが表紙とインタビューに登場 「一つ一つを頑張る5人が歴史を重ねた先に幸せになっていたら最高」/AERA11月14日発売

    11/11

  • “国会より地元のお祭り”が政治の劣化まねく? 野党が弱すぎて国会が形骸化も

    “国会より地元のお祭り”が政治の劣化まねく? 野党が弱すぎて国会が形骸化も

    AERA

    11/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す