羽生結弦「心と体の一体が、すごく大事だった」 五輪3大会を見つめた記者が振り返る王者の心の整え方

フィギュアスケート

2022/11/04 12:00

 羽生結弦は2014年ソチ、18年平昌、22年北京と3回の五輪を戦い抜いた。王者としての重圧や度重なるけがに苦しんだ。それでも、乗り越えてきた。その原動力は何だったのか。五輪3大会を見つめてきた担当記者が振り返る(前後編の前編)。発売中の『羽生結弦 飛躍の原動力』プレミアム保存版(AERA特別編集)から。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む

    羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む

    AERA

    10/1

    羽生結弦の華麗な姿を蜷川実花が表紙+巻頭グラビアで撮り下ろし/『羽生結弦 飛躍の原動力』(プレミアム保存版 AERA特別編集)10月13日に発売決定/羽生がいまの思いを語るロングインタビューも

    羽生結弦の華麗な姿を蜷川実花が表紙+巻頭グラビアで撮り下ろし/『羽生結弦 飛躍の原動力』(プレミアム保存版 AERA特別編集)10月13日に発売決定/羽生がいまの思いを語るロングインタビューも

    9/5

  • 羽生結弦ソチのがむしゃらさとは違う金メダルの意味

    羽生結弦ソチのがむしゃらさとは違う金メダルの意味

    AERA

    2/28

    「心を大切にしてもいいんじゃないか」プロ転向の羽生結弦、競技生活で背負ってきた“重荷”

    「心を大切にしてもいいんじゃないか」プロ転向の羽生結弦、競技生活で背負ってきた“重荷”

    dot.

    7/21

  • 羽生結弦「絶対回りきるんだ」 プライドを詰め込んだ4回転半への挑戦

    羽生結弦「絶対回りきるんだ」 プライドを詰め込んだ4回転半への挑戦

    AERA

    2/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す