社会の障壁を『異彩』のアートで塗り替えろ ヘラルボニー代表取締役社長・松田崇弥/副社長・松田文登

AERA「現代の肖像」

2022/10/21 07:00

 ヘラルボニー代表取締役社長、松田崇弥と副社長の松田文登。サバの缶詰から高級ホテルのスイートルームまで。障害のある作家たちが描くアートが今、社会のそこかしこを彩り始めている。手掛けるのは松田崇弥と文登が立ち上げたスタートアップ「ヘラルボニー」だ。自閉症の兄が「かわいそう」と言われる社会への違和感が二人を駆り立てた。障害は欠落ではない。福祉の考え方を拡張するビジネスで、社会の偏見を変えていく。

あわせて読みたい

  • 人気企業101社が採用したい大学はどこだ? 巻頭特集「大学の就職力に異変あり」/表紙は俳優・鈴木拡樹/AERA10月17日発売

    人気企業101社が採用したい大学はどこだ? 巻頭特集「大学の就職力に異変あり」/表紙は俳優・鈴木拡樹/AERA10月17日発売

    10/14

    難関高校に合格者を出す「高校を併設しない私立中」が、自閉症児との混合教育から目指すものとは

    難関高校に合格者を出す「高校を併設しない私立中」が、自閉症児との混合教育から目指すものとは

    dot.

    9/30

  • 大人の発達障害「対人関係が苦手」

    大人の発達障害「対人関係が苦手」

    週刊朝日

    7/8

    グーグルグラスで「社会的スキル」が向上 自閉症児の療育のかたち
    筆者の顔写真

    森田麻里子

    グーグルグラスで「社会的スキル」が向上 自閉症児の療育のかたち

    dot.

    8/7

  • 理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    AERA

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す