札幌五輪「何のための招致」問いを立てられないなら「東京の二の舞になる」中京大・來田享子教授

2022/10/22 08:00


 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件が広がりを見せるなか、札幌市は2030年冬季五輪の招致を進めている。札幌冬季五輪に求められるものは何か。東京五輪の大会組織委員会の理事を務めた中京大学の來田享子教授に聞いた。AERA 2022年10月24日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 五輪汚職事件を防げなかった背景に組織委の「忖度文化」も 元理事・來田享子氏が指摘

    五輪汚職事件を防げなかった背景に組織委の「忖度文化」も 元理事・來田享子氏が指摘

    AERA

    10/21

    五輪汚職は「札幌でも必ず起きる」と専門家 「悪い電通マン」排除だけでは済まない理由

    五輪汚職は「札幌でも必ず起きる」と専門家 「悪い電通マン」排除だけでは済まない理由

    AERA

    9/24

  • 2030年「札幌五輪」を目指す地元の今 道民悲願のはずがコロナで誘致機運は低調

    2030年「札幌五輪」を目指す地元の今 道民悲願のはずがコロナで誘致機運は低調

    AERA

    9/30

    2030札幌「冬季五輪」それでも必要か カギ握るは“ぼったくり男爵”!?

    2030札幌「冬季五輪」それでも必要か カギ握るは“ぼったくり男爵”!?

    週刊朝日

    8/25

  • 「安倍マリオ」から始まった「あまりにも軽すぎる」五輪

    「安倍マリオ」から始まった「あまりにも軽すぎる」五輪

    AERA

    7/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す