米国S&P500の株価「ほぼ100年」検証 ワースト1は世界大恐慌の「84%」暴落

2022/08/11 08:00

※米国株式(S&P500)、全世界株式(MSCI ACWI)のいずれも円建て分配金込みトータルリターンの指数を使い、全期間からイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの分類に基づく各資産の平均信託報酬率を控除。米国S&P500は1926~2022年5月末で計測。現状の500銘柄の形での算出開始(1957年)以降は「S&P500Total Return Index」(円換算の分配金込みトータルリターン)、それ以前はイボットソン・アソシエイツが指数に連続性を持たせた状態で1926年まで遡った「IA SBBI US Large Stock TR USD Ext」を使用。全世界株式は算出開始の1988年1月~2022年5月末で計測、指数名は「MSCI ACWI(Morgan Stanley Capital International All Country World Index)GrossReturn」(円換算の分配金込みトータルリターン)。(c) 2022 Ibbotson Associates Japan, Inc. All Rights Reserved.
※米国株式(S&P500)、全世界株式(MSCI ACWI)のいずれも円建て分配金込みトータルリターンの指数を使い、全期間からイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの分類に基づく各資産の平均信託報酬率を控除。米国S&P500は1926~2022年5月末で計測。現状の500銘柄の形での算出開始(1957年)以降は「S&P500Total Return Index」(円換算の分配金込みトータルリターン)、それ以前はイボットソン・アソシエイツが指数に連続性を持たせた状態で1926年まで遡った「IA SBBI US Large Stock TR USD Ext」を使用。全世界株式は算出開始の1988年1月~2022年5月末で計測、指数名は「MSCI ACWI(Morgan Stanley Capital International All Country World Index)GrossReturn」(円換算の分配金込みトータルリターン)。(c) 2022 Ibbotson Associates Japan, Inc. All Rights Reserved.

 円安に救われているとはいえ米国株の不調は事実。今後の下落の可能性は? 20年、30年の下落ランキングはよく見かけるが、1世紀の検証は貴重だ。AERA 2022年8月15-22日合併号の記事から紹介する。

【全世界株式MSCI ACWI 34年のワースト5はこちら】

*  *  *

 米国の株価指数S&P500は6月16日、終値ベースで年初比23%の下落を記録した。ただS&P500が下落してもドル高・円安が進むと、円建て換算ではそこまで下がらない。日本人が買うS&P500の投資信託は円建てなので、年初からのトータルリターンはマイナス4.7%にとどまる(6月30日時点、eMAXIS Slim米国株式<S&P500>)。ドル建ては同期間だとマイナス19.13%(同、バンガードS&P500ETF<VOO>)だ。

 こうした“円安サポート”がいつまで続くかは不透明。今月初旬のペロシ米下院議長の訪台で為替も動き始めた。株価はどこまで下がる可能性があるのか。

 過去20年、30年の下落率に関する記事はよく見るが、本誌は「過去100年」の検証を試みた。この期間だと、2008年のリーマン・ショックはもちろん、1980年代後半のブラック・マンデー、73年のオイル・ショックも視野に入る。

 取材は難航した。100年ともなると、詳細なデータを日々管理している金融機関が見つからず……。ようやく辿り着いたのがイボットソン・アソシエイツ・ジャパン。77年に米国で設立され、日本法人は00年から。資産配分をはじめとする投資助言や、コンサルティングサービスを展開している。

※米国株式(S&P500)、全世界株式(MSCI ACWI)のいずれも円建て分配金込みトータルリターンの指数を使い、全期間からイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの分類に基づく各資産の平均信託報酬率を控除。米国S&P500は1926~2022年5月末で計測。現状の500銘柄の形での算出開始(1957年)以降は「S&P500Total Return Index」(円換算の分配金込みトータルリターン)、それ以前はイボットソン・アソシエイツが指数に連続性を持たせた状態で1926年まで遡った「IA SBBI US Large Stock TR USD Ext」を使用。全世界株式は算出開始の1988年1月~2022年5月末で計測、指数名は「MSCI ACWI(Morgan Stanley Capital International All Country World Index)GrossReturn」(円換算の分配金込みトータルリターン)。(c) 2022 Ibbotson Associates Japan, Inc. All Rights Reserved.
※米国株式(S&P500)、全世界株式(MSCI ACWI)のいずれも円建て分配金込みトータルリターンの指数を使い、全期間からイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの分類に基づく各資産の平均信託報酬率を控除。米国S&P500は1926~2022年5月末で計測。現状の500銘柄の形での算出開始(1957年)以降は「S&P500Total Return Index」(円換算の分配金込みトータルリターン)、それ以前はイボットソン・アソシエイツが指数に連続性を持たせた状態で1926年まで遡った「IA SBBI US Large Stock TR USD Ext」を使用。全世界株式は算出開始の1988年1月~2022年5月末で計測、指数名は「MSCI ACWI(Morgan Stanley Capital International All Country World Index)GrossReturn」(円換算の分配金込みトータルリターン)。(c) 2022 Ibbotson Associates Japan, Inc. All Rights Reserved.

「S&P500が現行の500銘柄方式で算出を開始したのは1957年。イボットソンではそれ以前の推移についても、指数の連動性を壊さないかたちで独自に算出、26年1月からのデータを所有しています」(同社の小松原宰明=ただあきさん)

■世界恐慌がワースト1

 100年には少し足りないが、いただいた96年分のデータを元にグラフ化した(上のチャート、ピンク色の折れ線)。あまりに長期すぎて、どの局面の下落幅が大きいかを見極めづらいので、谷底の深さ(下落率の高さ)がわかるようにアレンジ(茶色の折れ線)。ワースト5の断トツ首位、84%暴落を記録したのは29年の世界大恐慌だ。米国の株価暴落に端を発し、企業倒産と失業者増加の連鎖を引き起こした。

1 2

あわせて読みたい

  • 1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    AERA

    5/24

    資産1億円「億り人会社員」に聞いた、投資信託「S&P500 vs 全世界株式」どっち?

    資産1億円「億り人会社員」に聞いた、投資信託「S&P500 vs 全世界株式」どっち?

    AERA

    4/29

  • 投資信託は最悪どこまで下がる? S&P500と全世界株式の30年検証

    投資信託は最悪どこまで下がる? S&P500と全世界株式の30年検証

    AERA

    5/17

    つみたてNISAの口座数が221万増 米国株下落でも“日本人の米国株買いは止まらず”

    つみたてNISAの口座数が221万増 米国株下落でも“日本人の米国株買いは止まらず”

    AERA

    11/23

  • S&P500や先進国株式のETF分配金「今は安くても良い」理由とは?

    S&P500や先進国株式のETF分配金「今は安くても良い」理由とは?

    AERA

    6/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す