なぜ部活動の暴力はなくならないのか? 背景に指導者個人の資質と過度な勝利至上主義

2022/08/01 07:00

 今年4月、強豪の秀岳館高校サッカー部のコーチの暴行問題が騒動となった。健全な心身を育成するはずの学校の部活動で、指導者による暴力や暴言がいまも残っている。なぜ暴力はなくならないのか。AERA 2022年8月1日号の記事から。(前後編の後編)

あわせて読みたい

  • 「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    AERA

    5/25

    体育館に行くだけで倒れ、医師の指示で退部 いまも部活動に残る指導者の暴力と暴言

    体育館に行くだけで倒れ、医師の指示で退部 いまも部活動に残る指導者の暴力と暴言

    AERA

    7/31

  • バスケ・バレーは体罰が起こりやすい競技?

    バスケ・バレーは体罰が起こりやすい競技?

    AERA

    1/21

    小・中学時代のケガが再発する選手たち…行き過ぎた「勝利至上主義」は自己肯定感も下げる

    小・中学時代のケガが再発する選手たち…行き過ぎた「勝利至上主義」は自己肯定感も下げる

    AERA

    5/24

  • 主体的練習で結果を出す “ブラック部活”ホワイト化の成功例

    主体的練習で結果を出す “ブラック部活”ホワイト化の成功例

    AERA

    12/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す