「対ロ外交に大きな損失」 安倍晋三元首相銃撃事件 鈴木宗男参院議員が振り返る

AERAオンライン限定

2022/07/20 12:55

 銃撃された安倍晋三元首相はロシアのプーチン大統領と個人的な関係を深めながら北方領土問題に取り組んできた。なぜ対ロ外交に力を注いだのか。銃撃事件はどんな影響を及ぼすのか。日本維新の会の鈴木宗男参院議員に聞いた。

あわせて読みたい

  • プーチンは二島返還に応じるか? 日本が打つべき最良の手とは

    プーチンは二島返還に応じるか? 日本が打つべき最良の手とは

    dot.

    12/14

    マレーシア機撃墜事件で窮地のプーチン “ウルトラC”は安倍首相との仲

    マレーシア機撃墜事件で窮地のプーチン “ウルトラC”は安倍首相との仲

    週刊朝日

    7/30

  • 安倍首相の対ロ外交は詰んだのか? プーチン「平和条約」発言の真意

    安倍首相の対ロ外交は詰んだのか? プーチン「平和条約」発言の真意

    AERA

    9/26

    「二股外交」が仇? 北方領土問題が進まぬ理由

    「二股外交」が仇? 北方領土問題が進まぬ理由

    週刊朝日

    10/22

  • 姜尚中、日ロ関係は「一向に展望が開かれているように見えない」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中、日ロ関係は「一向に展望が開かれているように見えない」

    AERA

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す