「柔軟さこそ生きる術、不足で生まれる豊かさもある」 紛争地での医療活動と温かい交流をつづる

2022/07/20 08:00

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。『紛争地のポートレート「国境なき医師団」看護師が出会った人々』は、白川優子さんの著書。人道援助の現場でめぐりあった、死と隣り合わせの環境下でもたおやかに日常をつむぐ市民の姿。世界中から集まる医療エキスパートたちとの汗と笑いがあふれる協働の現場。派遣先で活動を支えられた技術者や支援者の絶妙な貢献ぶり。10年以上にわたって10カ国で、計18回活動した著者が、現場に身を置く看護師ならではの視点で「一人ひとり」の日常を映し出す。白川さんに同書にかける思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 紛争地の看護師が危険なシリアに何度も足を運んだ理由

    紛争地の看護師が危険なシリアに何度も足を運んだ理由

    dot.

    1/19

    アフガン紛争、ロヒンギャ難民…「紛争地域に行くことに不安はない」国境なき医師団の覚悟

    アフガン紛争、ロヒンギャ難民…「紛争地域に行くことに不安はない」国境なき医師団の覚悟

    dot.

    2/19

  • フリーランス医師として生きる 「国境なき医師団」の一員として紛争地域で医療活動

    フリーランス医師として生きる 「国境なき医師団」の一員として紛争地域で医療活動

    dot.

    9/26

    国境なき医師団が見た3.11 先進国ならではの問題点と医師に大切なものとは?

    国境なき医師団が見た3.11 先進国ならではの問題点と医師に大切なものとは?

    dot.

    3/9

  • ドキュメンタリー映画が伝えるシリアの悲劇、我々ができることはまず知ること

    ドキュメンタリー映画が伝えるシリアの悲劇、我々ができることはまず知ること

    AERA

    5/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す