『ホタルノヒカリ』作者が語る令和版・干物女事情 「『自分はこう』と言ってもいい空気になった」

2022/06/27 08:00

 15年前に流行語大賞にノミネートされた「干物女」。最近ではその言葉を聞かなくなったが、令和版・干物女進化を遂げていた。その背景を『ホタルノヒカリ』作者のひうらさとるさんに聞いた。AERA2022年6月27日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 進化した令和版“干物女” ありのままを見せるユーチューバーに「私も」と共感の声

    進化した令和版“干物女” ありのままを見せるユーチューバーに「私も」と共感の声

    AERA

    6/27

    ドラマ評論家 綾瀬はるか“こじらせ女子”は「職場恋愛のファンタジー」

    ドラマ評論家 綾瀬はるか“こじらせ女子”は「職場恋愛のファンタジー」

    週刊朝日

    11/18

  • 女子が欲しい言葉は「頑張らなくていい」? 多部未華子の“家政夫”ドラマ評
    筆者の顔写真

    カトリーヌあやこ

    女子が欲しい言葉は「頑張らなくていい」? 多部未華子の“家政夫”ドラマ評

    週刊朝日

    7/31

    七十二候《腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)》……蛍が幻想的な光を放つころ

    七十二候《腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)》……蛍が幻想的な光を放つころ

    tenki.jp

    6/15

  • スイーツ好き女子必訪! 兵庫県豊岡市にある日本最古の

    スイーツ好き女子必訪! 兵庫県豊岡市にある日本最古の"スイーツ神社"とは

    BOOKSTAND

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す