なぜ「失われた30年」に決別し、賃上げ実現できない? 要因は日本企業の特徴にあり

2022/06/10 08:00

 2022年3月期決算で最高益を更新した上場企業は3割に上った。「失われた30年」から抜け出せるかと思ったら、ウクライナ情勢などで先行きには暗雲が漂う。日本企業が賃上げを実現するには何が必要なのか。AERA 2022年6月13日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 企業決算最高益も30年増えぬ賃金 「身の丈経営」再びで今後も賃上げは期待薄か

    企業決算最高益も30年増えぬ賃金 「身の丈経営」再びで今後も賃上げは期待薄か

    AERA

    6/9

    「迷ったらワイルドな方に」ヤフーの哲学とは

    「迷ったらワイルドな方に」ヤフーの哲学とは

    AERA

    5/4

  • 経営者 日本経済生き残りをかけた闘い

    経営者 日本経済生き残りをかけた闘い

    週刊朝日

    7/25

    GDPは今の2倍…日本経済復活の切り札「全産業のデジタル化」とは?

    GDPは今の2倍…日本経済復活の切り札「全産業のデジタル化」とは?

    週刊朝日

    1/10

  • 「東証1部」1千社に剥奪危機…上場企業の過剰なぜ不都合?

    「東証1部」1千社に剥奪危機…上場企業の過剰なぜ不都合?

    AERA

    4/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す