バイデン政権の軍事支援で潤う軍需産業 かつては軍産複合体の存在を不安視した大統領も

2022/06/05 08:00

 ロシア軍がウクライナに侵攻して3カ月経ち、戦いは長期化の様相を見せている。米国を中心に軍事支援が続く。それは軍需産業の利益にもつながる。AERA 2022年6月6日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 「軍事支援」ウクライナ侵攻の長期化要因の一つに 「実戦で利潤を上げる」軍需産業の陰

    「軍事支援」ウクライナ侵攻の長期化要因の一つに 「実戦で利潤を上げる」軍需産業の陰

    AERA

    6/4

    金丸元副総理の次男 北朝鮮と交流し続けるも「民間人の外交に限界」

    金丸元副総理の次男 北朝鮮と交流し続けるも「民間人の外交に限界」

    週刊朝日

    8/3

  • トランプ大統領の米兵器“爆買い”要求に貢ぎ続ける安倍首相の本当の狙い

    トランプ大統領の米兵器“爆買い”要求に貢ぎ続ける安倍首相の本当の狙い

    週刊朝日

    11/7

    ウクライナ停戦への道 自民・石破元幹事長「このままでは独ソ戦の再現に…」

    ウクライナ停戦への道 自民・石破元幹事長「このままでは独ソ戦の再現に…」

    週刊朝日

    5/25

  • オーストラリアがフランスとの潜水艦契約を破棄 裏にアメリカが提供した“目玉商品”

    オーストラリアがフランスとの潜水艦契約を破棄 裏にアメリカが提供した“目玉商品”

    AERA

    10/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す