サンナ・マリン首相が語る使命 「効率的なだけでなく、国民が必ず幸せであってほしい」

2022/05/26 11:00

 長年、軍事的中立を取ってきたフィンランドは5月18日、NATOへの加盟を正式に申請した。その歴史的決断を担ったのは、若きリーダーであるサンナ・マリン首相。なぜ政治家を志したか、そして自らの使命とは──。AERAは単独インタビューでその人物像に迫った。AERA 2022年5月30日号の記事から。(全3回の2回目)

あわせて読みたい

  • サンナ・マリン首相 単独インタビュー 「国と未来を守るための決断」の背景とは

    サンナ・マリン首相 単独インタビュー 「国と未来を守るための決断」の背景とは

    AERA

    5/25

    サンナ・マリン首相が語る“ガラスの天井”「いつでも社会に存在する」「私たちは闘っている」

    サンナ・マリン首相が語る“ガラスの天井”「いつでも社会に存在する」「私たちは闘っている」

    AERA

    5/27

  • 小島慶子「世界有数の男性優位社会の日本で優先すべきは『平等』の実現」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「世界有数の男性優位社会の日本で優先すべきは『平等』の実現」

    AERA

    5/26

    廣瀬陽子教授が読み解く フィンランドが集団防衛を決断できた理由とは

    廣瀬陽子教授が読み解く フィンランドが集団防衛を決断できた理由とは

    AERA

    5/28

  • 日本の政治家とは大違い? フィンランド・マリン首相の好感度ファッション

    日本の政治家とは大違い? フィンランド・マリン首相の好感度ファッション

    週刊朝日

    5/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す