広瀬すず「いろいろな感情に出会いたい」 デビュー10周年の危機感とヒント

2022/05/22 11:30

 公開中の映画「流浪の月」(李相日監督)で女児誘拐事件の“被害者とされる女性”を演じた広瀬すずさん。俳優としてデビュー10周年を迎え、心境にも変化があったという。AERA 2022年5月23日号から。

あわせて読みたい

  • 広瀬すず「流浪の月」で感じた演技の壁 「20テイク」撮り直しのシーンも

    広瀬すず「流浪の月」で感じた演技の壁 「20テイク」撮り直しのシーンも

    週刊朝日

    5/4

    広瀬すずと松坂桃李、“息ぴったり”の演技の裏に苦労も 映画「流浪の月」撮影秘話

    広瀬すずと松坂桃李、“息ぴったり”の演技の裏に苦労も 映画「流浪の月」撮影秘話

    週刊朝日

    5/3

  • 広瀬すず、コロナ禍で「休み」の素晴らしさを実感 「大人になりました(笑)」

    広瀬すず、コロナ禍で「休み」の素晴らしさを実感 「大人になりました(笑)」

    週刊朝日

    5/5

    広瀬アリス「100点を目指さなくていい」 減点式をやめた理由と三谷幸喜に学んだこと

    広瀬アリス「100点を目指さなくていい」 減点式をやめた理由と三谷幸喜に学んだこと

    AERA

    7/8

  • 櫻井翔が絶賛 広瀬すず「ネメシス」の芝居姿勢は「アスリート」

    櫻井翔が絶賛 広瀬すず「ネメシス」の芝居姿勢は「アスリート」

    週刊朝日

    4/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す