15歳で“自己中絶”した米国女性が「中絶非合法化」に危機感 「時代を逆戻りさせてはいけない」

AERAオンライン限定

2022/05/20 18:00

 中絶を選択する権利を巡り、米国が揺れ動いている。米連邦最高裁判所の過半数を占める保守派の判事たちが「中絶合憲」の判決を覆すべく動いていることが判明。「自分の身体のことは、自分で決める」として、この動きに反対する人々は、デモで声を上げている。

あわせて読みたい

  • 中絶薬実用化で「胎児の定義を教えて」 女性らの声に官僚は六法全書をパラパラめくり始めた
    筆者の顔写真

    北原みのり

    中絶薬実用化で「胎児の定義を教えて」 女性らの声に官僚は六法全書をパラパラめくり始めた

    dot.

    12/21

    トランプ政権下で激しく対立する人工妊娠中絶の賛成・反対派 福岡伸一の指摘は?
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    トランプ政権下で激しく対立する人工妊娠中絶の賛成・反対派 福岡伸一の指摘は?

    AERA

    6/20

  • オリヴィア・ロドリゴ、中絶の権利保護についてライブで力強いコメント

    オリヴィア・ロドリゴ、中絶の権利保護についてライブで力強いコメント

    Billboard JAPAN

    5/6

    “格安中絶”のカラクリ ネット広告で危険な手術へ…元職員が告発

    “格安中絶”のカラクリ ネット広告で危険な手術へ…元職員が告発

    週刊朝日

    7/13

  • セレーナ・ゴメス、米最高裁による「ロー対ウェイド判決」撤回について男性も声を上げるべきだとコメント

    セレーナ・ゴメス、米最高裁による「ロー対ウェイド判決」撤回について男性も声を上げるべきだとコメント

    Billboard JAPAN

    6/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す