投資信託は最悪どこまで下がる? S&P500と全世界株式の30年検証

AERAマネー

2022/05/17 17:00

 2021年までの絶好調相場から一転、米国株は2022年に入り軟調といっていい。そもそも株式市場には暴落が付きものだ。アエラ増刊「AERA Money 2022夏号」では、過去30年の実績から見て「どれくらい下がる可能性があるのか」を検証している。

あわせて読みたい

  • <NISAの出口>60歳で相場暴落なら、積み立てた投資信託どうする?

    <NISAの出口>60歳で相場暴落なら、積み立てた投資信託どうする?

    AERA

    5/16

    投資信託64%下落… 会社員“億り人”が秘める「リスク許容度」とは

    投資信託64%下落… 会社員“億り人”が秘める「リスク許容度」とは

    AERA

    11/22

  • 1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    AERA

    5/24

    資産1億円「億り人会社員」に聞いた、投資信託「S&P500 vs 全世界株式」どっち?

    資産1億円「億り人会社員」に聞いた、投資信託「S&P500 vs 全世界株式」どっち?

    AERA

    4/29

  • FIRE達成者たちが明かす「米国株」のすごさ 成功者の投資メニューをのぞかせてもらったら

    FIRE達成者たちが明かす「米国株」のすごさ 成功者の投資メニューをのぞかせてもらったら

    AERA

    4/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す