「必ず光がある小説」書店員がセレクト 本のテーマは「世界が舞台」「戦争」「背中を押す」

2022/05/02 11:00

 暗い話題が多い時代だからこそ、本を読むことで希望を見出したい。AERA 2022年5月2-9日合併号の特集「今読みたい本120冊」では、各ジャンルの専門家がおすすめの本を10冊ずつ紹介。その中から、書店員でエッセイストの新井見枝香さんが選んだ「小説」をお届けする。

あわせて読みたい

  • 【速報】「本屋大賞2022」は、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』に決定!

    【速報】「本屋大賞2022」は、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』に決定!

    BOOKSTAND

    4/6

    【「本屋大賞2022」候補作紹介】『同志少女よ、敵を撃て』――女性だけの狙撃小隊がたどる生と死 少女が戦う

    【「本屋大賞2022」候補作紹介】『同志少女よ、敵を撃て』――女性だけの狙撃小隊がたどる生と死 少女が戦う"敵"とは

    BOOKSTAND

    3/24

  • 「トイレは1日1回」「食事は3日に1回」 中山七里の仰天作家生活

    「トイレは1日1回」「食事は3日に1回」 中山七里の仰天作家生活

    dot.

    10/1

    ストーカー化した元恋人「実は偽名で前科あり」? 作家の実体験描くノンフィクション

    ストーカー化した元恋人「実は偽名で前科あり」? 作家の実体験描くノンフィクション

    AERA

    7/18

  • 直木賞作家・今村翔吾が泣きそうになった教え子ギャルの言葉

    直木賞作家・今村翔吾が泣きそうになった教え子ギャルの言葉

    週刊朝日

    5/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す