ウクライナ侵攻はロシア人の国民性につけこんだ行為 神と大地に忠実で「強力なリーダー」を求める傾向も

ウクライナ

2022/04/23 11:00

(左から)ウクライナ・ゼレンスキー大統領、ロシア・プーチン大統領
(左から)ウクライナ・ゼレンスキー大統領、ロシア・プーチン大統領

 ロシアによるウクライナ侵攻に終わりが見えない。プーチン大統領は、国際社会から非難を浴びながら、民間人への攻撃も続けている。プーチン氏の暴挙の背景には何があるのか。AERA 2022年4月25日号は、亀山郁夫・名古屋外国語大学学長に聞いた。

【写真】亀山郁夫さんはこちら

*  *  *

 同じスラブ民族からなるウクライナとロシアは、ベラルーシとともに「兄弟」関係にあり、ウクライナはある意味で兄的な存在ということができます。これはむろん、歴史的に右派が培ってきた思想です。同時に、ロシアにとってウクライナは「母」の位置にあるといっても過言ではありません。そうであるなら、今回のウクライナ侵攻とそれに伴う虐殺は、「母殺し」、あるいは「親殺し」という要素を含んでいるのだろうかと、この間ずっと思い続けています。

 最新の世論調査で、ロシア国内でのプーチンに対する支持率は80%を超えました。この数字を「フィクション」とする見方もありますが、私はそうは考えません。裏を返せば、この数値は、今、国民が感じている恥辱と絶望のバロメーターでもあります。プロパガンダでいかに洗脳されているとはいえ、だれもが異常事態に気づいている。「嘘」に気づくことへの恐怖が、逆に巨大な権力への迎合となって表れているのです。ただし、プーチンに対する実質支持率は、これらの要素を取り除いても、50%を超えると思っています。

 理由は、ロシア国民の精神性そのものに見ることができます。

 ロシア国民は、基本的に政治に無関心であり、「成り行きまかせ」です。「成り行きまかせ」という言葉は、最近たまたま再読したスベトラーナ・アレクシエービッチの『チェルノブイリの祈り』の中に見いだしました。私流に言いかえると、一種の運命論に支配されている。「成り行きまかせ」は、第一に放縦を生みます。放縦と自由の間に境界線はありません。そこで彼らは、放縦の奈落に身を落とさないようにするため自分たちを厳しく律してくれる束縛、つまり「縛り」を必要とするのです。

1 2

あわせて読みたい

  • ロシア生まれの小原ブラスが明かした「憎しみの連鎖が怖い」 ウクライナ侵攻で声を上げ続ける”戦争反対”

    ロシア生まれの小原ブラスが明かした「憎しみの連鎖が怖い」 ウクライナ侵攻で声を上げ続ける”戦争反対”

    AERA

    3/2

    「モスクワ放送」の日本人アナウンサーが見たロシア国営メディアの内幕 崩壊へのスイッチが入った

    「モスクワ放送」の日本人アナウンサーが見たロシア国営メディアの内幕 崩壊へのスイッチが入った

    dot.

    6/8

  • 「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    dot.

    3/10

    ウクライナ侵攻は「宗教戦争」泥沼化の可能性も プーチン氏に「ロシア正教を守る」使命感

    ウクライナ侵攻は「宗教戦争」泥沼化の可能性も プーチン氏に「ロシア正教を守る」使命感

    AERA

    4/22

  • プーチンの「一面的な歴史観」が引き起こした悲劇 「ウクライナの存在の正当性を否定している」と専門家

    プーチンの「一面的な歴史観」が引き起こした悲劇 「ウクライナの存在の正当性を否定している」と専門家

    AERA

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す