保育士の悲鳴「このままでは現場が崩壊」 人材不足と社会的評価が今後の課題に

2022/03/26 07:00

 近年保育士を辞める人が増加している。その主な要因として指摘されるのが、業務量に伴わない「賃金」。だが他にも課題は多く残されている。AERA 2022年3月28日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 【前編】保育士の約7割が「辞めたい」 平均給与は25万円弱、「私ってバイト以下」と感じる人も

    【前編】保育士の約7割が「辞めたい」 平均給与は25万円弱、「私ってバイト以下」と感じる人も

    AERA

    3/25

    保育士の約7割が「辞めたい」 平均給与は25万円弱、「私ってバイト以下」と感じる人も

    保育士の約7割が「辞めたい」 平均給与は25万円弱、「私ってバイト以下」と感じる人も

    AERA

    3/25

  • 保育園の危機! あわや窒息死も…人手不足&質低下にあえぐ現場

    保育園の危機! あわや窒息死も…人手不足&質低下にあえぐ現場

    週刊朝日

    9/16

    19年目で手取り16万円、保育士の実態 書類に追われ、ケガにビクビク

    19年目で手取り16万円、保育士の実態 書類に追われ、ケガにビクビク

    AERA

    8/8

  • 低賃金で長時間労働「保育士が足りない」 潜在資格者70万人が保育現場に戻れない

    低賃金で長時間労働「保育士が足りない」 潜在資格者70万人が保育現場に戻れない

    AERA

    1/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す